心ときめくバラの香りにつつまれる、春限定品『バラ科のお菓子 ショコラ・ローズ』

 株式会社グレープストーン
銀のぶどう全店で2月15日(木)販売開始

 株式会社グレープストーン(本社:東京都中央区)が展開する洋菓子ブランド「銀のぶどう」は、春恒例の期間限定品『バラ科のお菓子 ショコラ・ローズ』を、2月15日(木)から今年も販売開始します。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/25606/37/resize/d25606-37-786796-0.jpg ]

 ● 贅沢なバラの香りに癒やされる、本物のバラのスイーツ
『バラ科のお菓子 ショコラ・ローズ』は、“本物のバラの花からうまれた、香り高いバラのスイーツ”です。美し
い赤いバラの花びらだけをひとつひとつ優しく手摘み。甘くみずみずしい香りごとホワイトショコラにとかしこみ、銀のぶどうオリジナルのローズショコラに仕立てました。甘酸っぱく爽やかなラズベリーショコラと合わせ、バラの印のラングドシャクッキーにはさみこんだ一品です。口にいれた瞬間にひろがるバラの香りで、身も心も甘くとろけるひとときをお楽しみください。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25606/37/resize/d25606-37-388203-1.jpg ]

 ● 春のローズ・ガーデンを、可憐なスタイルでプレゼント
『バラ科のお菓子 ショコラ・ローズ』のデザインテーマは、“バラの庭のおくりもの”。甘くみすみずしい香りが漂ってきそうな、咲きこぼれるバラの花々が一面に広がっています。パッケージのスタイルも豊富。手渡すのが楽しみになる、トップに大輪のバラを咲かせたプチボックスや、2018年新登場した上質感のあるロゼット缶など、贈る人のセンスを可愛く伝えてくれるラインナップが揃っています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25606/37/resize/d25606-37-461148-2.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/25606/37/resize/d25606-37-969979-3.jpg ]

 ● “ふたつのバラ科”の、美味しいハーモニー

 『バラ科のお菓子 』の名前にかくされた、ちいさな秘密。バラの花はもちろん、じつは真っ赤なラズベリーもバラ科に属するフルーツなのです。贅沢な香りで人々を魅惑するバラと、爽やかな甘酸っぱさで愛されるラズズリー。ふたつのバラ科素材が響き合うおいしさを、たっぷりとお楽しみください。

 [画像5: https://prtimes.jp/i/25606/37/resize/d25606-37-607001-4.jpg ]

 ■ 商品概要
【名 称】 バラ科のお菓子 ショコラ・ローズ
【価 格】 6枚入648円(600円)、12枚入1,080円(1,000円)、14枚入 ロゼット缶1,566円(1,450円)、18枚入1,620円(1,500円)、24枚入2,160円(2,000円)
【発 売 日】 2018年2月15日(木)
【販 売 店】 銀のぶどう全店
(大丸東京店・京王新宿店・西武池袋店・伊勢丹府中店・そごう横浜店・ラゾーナ川崎店・阪急うめだ店・ジェイアール名古屋タカシマヤ店) ぶどうの木&鎌倉座阿佐ヶ谷店、パクとモグ小田急町田店
※ほか一部姉妹店で販売する場合もあります。公式オンラインショップhttp://www.paqtomog.com

 ■銀のぶどうとは 公式HP http://www.ginnobudo.jp/
1985年、東京・銀座で長い歴史を刻むデザート専門店「銀座ぶどうの木」から“贈り物のスイーツブランド”として百貨店に誕生した「銀のぶどう」。独自の発想や技術を駆使した独創的スイーツの数々で知られる一方、多くの新ブランドを発信するクリエイターブランドの顔も持ち、THEシリアルスイーツ専門店「シュガーバターの木」、サンドのドルチェ専門店「ア・サンドルチェ」、北海道限定ブランド「白雪座」など、新たなブランド創造にも精力的に取り組んでいます。 お客様窓口 0120-207-730

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ