“女性のための恋するお酒”。「桃の紅茶酒」ができました。

 有限会社カレルチャペック
有限会社カレルチャペック(本社:東京都武蔵野市/代表取締役社長:山田 詩子)は養命酒製造株式会社(本店:東京都渋谷区 代表取締役社長 塩澤太朗)と共同開発した「桃の紅茶酒」を、2018年3月1日(木)に養命酒製造株式会社より全国発売いたします。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/17679/100/resize/d17679-100-957720-3.jpg ]

 「桃の紅茶酒」は、カワイイもの好きの女性に向けた新感覚のお酒です。カレルチャペック紅茶店厳選の茶葉エキスと養命酒製造のハーブ技術を組み合わせ、紅茶×ハーブ×フルーツの新しい味わいを表現しました。1日の終わりのくつろぎのひと時を過ごしながら、片手には紅茶酒を。甘い香りとハーブが疲れたココロをやさしくほぐす、日々の生活を大切に過ごしたい人にオススメのお酒です。

 恋心がふくらむ気持ちをイメージさせる甘く香る白桃に、コクのあるスリランカ“ルンビニ茶園”の選別手摘みのルフナ茶。さらに独自の配合でブレンドした7種類のリラックス系ハーブを組み合わせることで、味わい深い紅茶酒に仕上げました。

 「桃の紅茶酒」は様々な形でお楽しみいただけます。なかでもミルクや豆乳で割る「ピーチミルク」が一番のオススメ。そのまま紅茶の味わいを楽しみたい方は、ストレート、ロックやホットでどうぞ。水割り、お湯割り、炭酸割りでもおいしくお召し上がりいただけます。

 ● カレルチャペック紅茶店の茶葉エキスを100%使用
「カレルチャペック紅茶店」オーナーでティーテイスターの山田詩子が別注した、スリランカ“ルンビニ茶園”の選別手摘みのルフナ茶。その紅茶エキスを100%使用しています。

  ● リラックス系ハーブを7種類配合
女性に嬉しいリラックス系ハーブを7種類配合。養命酒製造独自のブレンドにより、紅茶の風味を活かしつつ、深みのある味わいに仕上げました。

 ● 白桃の華やかでジューシーなフレーバー
飲んだ瞬間に感じる白桃の上品でいて華やかな香り。女性の好きな果物として人気も高く、紅茶との相性も抜群です。カレルチャペック紅茶店でも一番人気の“ホワイトピーチティー”の味わいをイメージしています。

 ● 山田詩子描きおろしのオリジナルデザイン
絵本作家としての一面も持つ山田詩子が描きおろした、この商品だけの特別なラベルデザイン。桃をイメージしたやさしいピンク色をベースに、月に座ったウサギがお出迎え。夜のリラックスタイムを表現した、お部屋に飾っても楽しめるかわいいパッケージデザインです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17679/100/resize/d17679-100-632121-0.jpg ]

 カレルチャペック紅茶店では吉祥寺本店のみでの販売になります。
カレルチャペック紅茶店 直営店 http://www.karelcapek.co.jp/shoplist

 カレルチャペック紅茶店 直営店以外の販売店については、下記へお問い合わせください。
養命酒製造株式会社 お客様相談室(フリーダイヤル)0120-075-611
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

 --------------------------------------------------
[画像3: https://prtimes.jp/i/17679/100/resize/d17679-100-239859-1.jpg ]

 【 カレルチャペック紅茶店 】
1987年創業、東京・吉祥寺に本店をおき、リーフからティーバッグまで鮮度とデザインどちらにもこだわった商品作りをしています。オーナーでテイスターの山田詩子自身が、旬の時期にスリランカの茶園で妥協せず茶葉を選定。各産地の特徴がくっきりとした勢いのある旬茶を選び鮮度そのままでお届けしています。紅茶の選定から鮮度の保持、フレーバリング、パッケージデザインに至るまで、ポイントを押さえたスピード感のある商品づくりは、紅茶業界でも定評があります。

 [画像4: https://prtimes.jp/i/17679/100/resize/d17679-100-878984-2.jpg ]

 【 山田詩子 】
カレルチャペック紅茶店オーナー・クリエイティブディレクター・ティーテイスター・絵本作家。
1987年創業のカレルチャペック紅茶店では紅茶の買い付けからデザインまでを一貫して手がける。常に新鮮な提案で日本の紅茶トレンドをリードし続ける傍ら、クリエイティブディレクターとして、ユニクロのUT・集英社のナツイチ・ロイヤルホストのキッズメニュー等、企業とのコラボレーションも多数。絵本、紅茶、ライフスタイルの著書40冊以上。台湾・アメリカ・フランス・韓国でも翻訳出版されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ