飲食業では最上位! ファイブグループが、2018年「働きがいのある会社」ベストカンパニーランキング第13位。4年連続でベストカンパニーに。

 ファイブグループ

 ファイブグループが、2018年「働きがいのある会社」ベストカンパニーランキング第13位に選出。 ファイブグループ 株式会社ファイブグループ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史、以下ファイブグループ)は、Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)※1 が主催する2018年発表「働きがいのある会社」ランキング(日本版)において、居酒屋企業としては史上初の4年連続ベストカンパニーに選出され、「従業員100-999人以上」の部門 において13位を受賞しました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/12709/32/resize/d12709-32-677973-3.jpg ]

 株式会社ファイブグループ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史、以下ファイブグループ)は、Great Place to Work(R) Institute Japan(GPTWジャパン)※1 が主催する2018年発表「働きがいのある会社」ランキング(日本版)において、飲食企業としては史上初の4年連続ベストカンパニーに選出され、「従業員100-999人以上」の部門 において13位を受賞しました。

 当社の掲げる経営理念「関わる全ての人が楽しくなれる環境を作ること。」にもとづく会社経営を行うためには、働くスタッフが各自の仕事に対して「働きがい」を持っていることが重要だと考ています。その環境を実現するためには、客観的な評価指標を持ち、絶えず自社ついて内省する機会を創り、問題に真摯に向き合い続けることが必要だと捉えています。
また、本ランキングには飲食業界以外の様々な業界の優良企業が参加されております。業界内の慣習に甘んじるのではなく、あらゆる業界と比しても「働きがいのある会社」を目指すことで飲食業界のイメージ向上にも貢献したいと考え、その指標として、Globalレベルで多くの企業が取り入れているGPTWに参加をしています。

 今回第13位という結果を残せたこと、飲食業界において初の4年連続ランクインを果たせたことも、今まで関わってくださったすべての方々のおかげでございます。“関わる全ての人が楽しくなれる環境づくり“を会社理念とし、社員、アルバイトスタッフまでしっかりと理念にもとづいた、理念の幅の中での“自由“を最大限有効活用し、“責任“を持ってその先にいるお客様も楽しくなれる環境づくりを今後もより一層追求し続けていきます。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/12709/32/resize/d12709-32-981869-1.jpg ]

 「働きがいのある会社」ランキングは、GPTWジャパンが独自の基準で日本国内の企業の中から“働きがいのある会社”を調査し、認定するものです。本調査は、世界50カ国以上で同じ基準に基づいて実施されており、国内での調査は2007年に開始され、本年で11回目となります。GPTWジャパンは、“働きがいのある会社”を【従業員が勤務する会社や経営者・管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感が持てる場所】と定義しています。本調査の特徴は、企業の社内制度の充実度や社外からの評価を基準とせず、実際に制度を利用する従業員の満足度を評価して結果に反映することです。

 尚、本年度の「働きがいのある会社」調査における結果の詳細は、GWPTジャパンのWEBサイトに公開されており、2月12日(月)の「日経ビジネス」誌にも関連記事とあわせて掲載されております。
※1 Great Place to Work(R) Institute Japan

 【URL】http://www.hatarakigai.info/index.html

 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

 【会社概要】
■社名
株式会社ファイブグループ

 ■設立
2003年6月30日

 ■本社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル7F

 ■代表取締役社長
坂本 憲史

 ■従業員数
2247名(2017年12月1日現在)

 ■事業内容
飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営・店舗プロデュース事業

 ■WEBサイト
http://five-group.co.jp/

 ■公式アカウント
Facebook
https://www.facebook.com/5iveGroup
Twitter
@5ivegroup

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ