モメンタム、ビューアビリティ計測機能を拡充し、広告主向けのアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」を提供開始

 Momentum
YouTube、Facebook、Instagram広告もカバーする全方位型のアドベリフィケーションパッケージをコンサルティングから運用までフルサポート

 Momentum株式会社(以下、モメンタム)は、広告主向けのアドベリフィケーションサービス「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」の提供を開始いたしました。

 広告システムの自動化・効率化が進展するウェブ広告では、取引実態の正確な捕捉が難しくなっており、「"人"ではなく"機械"による不正な広告表示やクリックが発生していないか」(アドフラウド)、「不適切なページやコンテンツに表示されていないか」(ブランドセーフティ)「可視領域にしっかり表示・露出されているか」(ビューアビリティ)といった広告の価値毀損に関わる問題の正確な現状把握と本格的な対策を行う「アドベリフィケーション」への取り組みは、広告主にとって喫緊の課題となっています。

 モメンタムではこれまでも、アドフラウド対策やブランドセーフティにおいて世界最高水準の認定団体「Trustworthy Accountability Group(TAG)」の国内初の認定パートナーとして、広告配信におけるブランドセーフティを実現する「BlackSwan」並びに、独自のオ ーディエンス情報及び媒体情報をもとに国内初のアドフラウド対策を実現した「BlackHeron」を広告配信事業者向けに提供してまいりました。

 この度、ビューアビリティ計測においてもサービス拡充を行うため、モメンタムはグローバルで最も厳しいガイドラインを儲ける「Media Rating Council(MRC)」が発足以来初めて認定を行った、確かな技術力を持つ欧州のアドベリフィケーション事業会社Meetrics社とのパートナーシップを締結いたしました。
Meetrics社との連携により、YouTube、Instagram、Facebookなどの主要な大手広告配信面にも対応するビューアビリティ計測が可能となりました。
これにより、モメンタムではTAG基準のアドフラウド対策、ブランドセーフティ、MRC基準のビューアビリティ計測と、全方位型でアドベリフィケーションへの対策を実現する環境が整いました。

 サービス強化と同時に、モメンタムでは、広告主向けに「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」の提供を開始いたします。
「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」は、アドベリフィケーション機能を広告主向けにパッケージングし、専門の担当者が導入から運用まで一貫してフルサポートを行うサービスです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11681/20/resize/d11681-20-806255-0.jpg ]

 「Hyper Transparency for Advertiser(ハイトラ)」では、まず広告主独自のブランド毀損リスクのあるキーワードや、アドフラウド率、ビューアビリティの実態を細かく分析したうえで、分析結果を反映したカスタムロジックの設計と運用を行います。運用後も、恒常的なモニタリングによって定期レポートでのご報告やカスタムロジックの調整をおこないながら、長期的にアドベリフィケーションの取り組みをサポートいたします。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/11681/20/resize/d11681-20-934329-1.jpg ]

 <定期レポートのイメージ>

 [画像3: https://prtimes.jp/i/11681/20/resize/d11681-20-563837-2.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/11681/20/resize/d11681-20-997091-3.jpg ]

 アドベリフィケーションパッケージの導入をご検討の広告主はモメンタムサポートまでお問い合せください。
モメンタムは今後も様々な企業と積極的に連携を行いながら、広告配信事業者のみならず、広告主に対してもアドベリフィケーションの取り組みを支援するサービスの開発・運営に努めてまいります。

 ■Meetricsについて

 [画像5: https://prtimes.jp/i/11681/20/resize/d11681-20-407329-4.jpg ]

 2008年以来、Meetricsは、すべてのチャンネルでオンラインマーケティングをマスターする最先端のソリューションを提供し、透明で効率的なデジタルエコシステムを構築しています。 Meetricsは、視認性、不正防止、ブランドの安全性、オーディエンスの検証に重点を置いています。 Meetricsは、ディスプレイ広告とビデオ広告の両方を測定する業界の主要委員会であるMRCの認定を受けた最初の欧州のベンダーです。 さらに、MeetricsはABC / JICWEBSの認定を受けています。 P&G、L'Oréal、ゼネラルモーターズのような世界有数の広告主は、Meetricsの製品とサービス。 出版社側では、AOL、CondéNast、RTL、Sanomaなどの有名企業が、Meetricsのデジタルマーケティングの豊富な経験を信頼しています。

 ■Media Rating Council(MRC)について
米国の業界団体米Media Rating Council(MRC)は、メディア調査会社の監査や認定審査を行なう業界団体です。MRCは米広告業界団体IABとともにビューアブルインプレッションのガイドライン策定を推進しています。

 ■Trustworthy Accountability Group(TAG)について
米国の「Trustworthy Accountability Group」(TAG)は、デジタル広告業界における不正行為の防止と安全性向上のため業界をリードする、世界的認証プログラムを提供しています。
TAGは不正なトラフィックの排除、マルウェアの駆除、インターネット上の海賊行為の防止、そしてデジタル広告の透明性の向上をミッションとして、広告業界における世界的トッププレイヤーの事業者が団結して組織された、デジタル広告における唯一の情報共有分析機関(ISAO)です。
TAGは、デジタル広告サプライチェーンの様々な企業との協力により、最高水準のガイドラインの制定を推進しています。
TAGの詳細はこちらからご確認ください。http://tagtoday.net/

 【Momentum株式会社】 http://www.m0mentum.co.jp/index.html
モメンタムは、アドフラウド対策やブランドセーフティーにおいて、世界最高水準の認定団体であるトラストワージーアカウンタビリティグループ(Trustworthy Accountability Group:以下、TAG)より認定を受けた国内初のアドベリフィケーションカンパニーです。
広告配信におけるブランドセーフティー(ブランド保護)を実現する「BlackSwan」並びに、独自のオ ーディエンス情報及び媒体情報を基にして国内初の広告不正対策を実現した「BlackHeron」を提供しています。
東京工業大学の精密工学研究所の協力により、高度な機械学習を用いることで、英語などと比べて解析が困難な「日本語」に特化した言語解析技術を基盤に日本のデジタル広告業界の健全化への取り組みを牽引しています。

 事業内容:アドテクノロジー関連技術の開発
所在地:東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
代表取締役社長:高頭 博志

 <本件についてのお問い合わせ先>
Momentum株式会社  広報
E-mail:info@m0mentum.co.jp  TEL:03-6365-7002

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ