金沢“カレー”から音楽と笑顔を!Seattle Standard Cafe'制作による、『チャンカレのテーマ』誕生

 株式会社チャンピオンカレー
楽曲制作への対価は、まさかのウインナートッピング無料券!!

 株式会社チャンピオンカレー(本社:石川県野々市市、代表取締役:南 恵太)は、北陸・金沢在住の5人組ロックバンド「Seattle Standard Cafe'(シアトルスタンダードカフェ/略称:シアスタ)」に、テーマソング『チャンカレのテーマ』を制作いただきました。
『チャンカレのテーマ』は、2018年5月下旬頃より、チャンピオンカレーのキッチンカー営業などで使用する他、カレーのチャンピオンなどの店舗の店内BGMの一部としても使用を予定しております。また現時点では全くの未定ですが、いずれはCD音源化、カラオケ音源化も目指したいと考えております。
「金沢から音楽と笑顔を」発信する“シアスタ”のバックアップを受け、チャンピオンカレーは創業から永きにわたり地元・石川県で愛されてきた味を、今後より一層全国にお伝えしてまいります。

 ※楽曲は下記URLからお聴きいただくことができます。
http://chancurry.com/news/1687/
https://youtu.be/1dbYtpLlBAk

 ■チャンカレのテーマ制作の背景
 今回の楽曲制作のきっかけは、チャンピオンカレーのスタッフと、Seattle Standard Cafe'中新 賢人氏の出会いです。共通の知人の紹介で知り合った二人は“人と人の縁を大切に”という共通の想いで意気投合し、今回のテーマソングの制作の話題になりました。
 その際、中新氏はいつもLカツカレーにウインナーをトッピングしているので、楽曲制作の対価は「ウインナートッピング無料券」ということに決まりました。

 <中新 賢人 氏のコメント>
 Seattle Standard Cafe'メンバーの青春の味であるチャンカレ。楽曲制作の依頼を受けた時「Lカツ年間パスでいかがでしょう?」とご提案をいただきましたが、それでは恐れ多いので、僕の大好きなトッピング、ウインナー無料パスポートでお願いしますと嘆願しました(笑)。
 チャンカレの“Lジャン”を食べていた学生時代を思い出し、サウンドはシアスタの初期をイメージして荒々しく。サビのメロディーと歌詞は今のシアスタの真骨頂であるキャッチーなものにし、チャンカレと歩んだシアスタの15年を表現しました。
 チャンカレを愛する地元の皆さまに、口ずさんでもらえるような楽曲となることを願います。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/15963/14/resize/d15963-14-539473-2.jpg ]

 ■株式会社チャンピオンカレーについて
 1961年創業、北陸の地で熱狂的な支持を集めるカレー専門店「カレーのチャンピオン」「チャンピオンカレー」の運営企業。旗艦店である「カレーのチャンピオン野々市本店」は、最大で1日約2,000名の集客実績もある地域の皆様から愛されるお店です。またレトルトカレーやカレーチルドパックなど小売向け商品の販売も手掛け、創業から50年以上受け継いできた味を、様々な形で全国へ発信しております。

 代表者:代表取締役社長 南 恵太
本社所在地:〒921-8811 石川県野々市市高橋町20-17
URL:http://chancurry.com

 ■Seattle Standard Cafe'(シアトルスタンダードカフェ)について
 2003年1月4日、金沢市にて結成。北陸・金沢在住の5人組ロックバンド。略称「シアスタ」。2013年には石川県より「いしかわ観光特使」に任命され、 石川県の魅力や観光情報の発信に、音楽活動を通して積極的に取り組んでいる。「北國新聞」「富山新聞」や地元企業のCM、地元のJリーグチーム「ツエーゲン金沢」のテーマソングや「北陸新幹線」金沢開業PRソング等を手掛け、2015年には金沢市からの依頼を受け「風になれ ~金沢マラソン 公式応援ソング~」を制作している。

 URL: http://www.seattlestandardcafe.com
[画像2: https://prtimes.jp/i/15963/14/resize/d15963-14-987892-3.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ