「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」2018年7月12日(木)グランドオープン

 株式会社ぐるなび
年間2,000万人の利用者数を誇る日本最大級の訪日外国人向け観光情報サービスの北海道版がスタート 推進委員会企業5社が力を合わせて北海道の魅力を訪日外国人へ発信

 新千歳空港ターミナルビルディング株式会社(本社:北海道千歳市、代表取締役社長:阿部直志)、全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子裕志)、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二)、株式会社北海道銀行(本社:北海道札幌市、代表取締役頭取:笹原晶博)、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎)の5社は推進委員会企業としてそれぞれが持つ資源やネットワークを生かして協力し、北海道の魅力を訪日外国人に発信する訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」を2018年7月12日よりグランドオープンしました。(URL:https://livejapan.com/ja/in-hokkaido/

 [画像1: https://prtimes.jp/i/1511/838/resize/d1511-838-187092-0.jpg ]

 2016年4月にオープンした訪日外国人向け観光情報サービス「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」は、名所も、グルメも、買物も、道案内も、全ての情報を一つに、あらゆる観光情報を正確・詳細・リアルタイムに提供するWEBサービスです。現在は、年間利用者数2,000万人を誇る日本最大級の訪日外国人向けサービスに成長し、この度北海道版を2エリア目としてオープンする運びとなりました。移動距離が長い北海道は広域の観光圏を持ち、飲食店や観光地、交通など訪日外国人がより詳細な情報を必要としています。そこで「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」がワンストップで正確で詳細、リアルタイムな情報を提供し訪日外国人のニーズに応えます。

 またLIVE JAPANの特徴として、正確で詳細な今の情報を配信する「ライブ情報」、訪日時に役立つ様々な「便利機能」、文化や観光情報を国別ユーザーの嗜好に合わせて配信する「情報コンテンツ」が挙げられます。「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」でもこれらの特徴を活かして、基本情報に加え自然や食、歴史、文化など北海道ならではの魅力をよりリアルタイムに発信していきます。

 「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」推進委員会は現在の5社に加え、今後も本事業に賛同した北海道内の企業や自治体をパートナーとして迎え入れていきます。推進委員会企業が力を合わせて利便性の高いサービスの提供を努めるとともに、一人でも多くの訪日外国人に北海道の魅力を発信していくことで、2020年に訪日外国人客数500万人という目標を掲げる北海道の観光産業に貢献します。

 ■LIVE JAPANの特徴である3つの機能
1.ライブ情報
施設や自治体との連携により、正確で詳細な今の情報を配信する「ライブ情報」。施設の今の空席情報や今しか配信されていない期間限定クーポンなどを訪日外国人に向けて配信します。
◎「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」での活用事例
「今朝水揚げされた」「旬の蟹を仕入れた」といった、今その時にしか味わうことができない旬の食情報を提供。

 2.便利機能
経路案内や交通情報を調べることができる「経路検索機能」、コインロッカーやタクシー乗り場など、さまざまな設備や施設の検索ができる「便利マップ」、万が一の場合に備えた「緊急時対応情報」などを提供します。
◎「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」での活用事例
「便利マップ」を活用し、その時期に楽しめる自然豊かな名所の情報を提供。

 3.情報コンテンツ
外国人編集部が制作する記事コンテンツは、国別に好まれる傾向を分析し訪日外国人が本当に興味を持つ情報を盛り込み配信。動画コンテンツでは、施設紹介や日本の作法などバリエーション豊富な動画を数多く配信します。
◎「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE HOKKAIDO」での活用事例
北海道の歴史や魅力的な文化を紹介する記事コンテンツにより、訪日外国人がより深い知識を持って北海道を旅することができる情報を提供。
[画像2: https://prtimes.jp/i/1511/838/resize/d1511-838-811400-1.jpg ]

 ■掲載言語
・トップページ、便利機能サービス、情報コンテンツ
 8言語(日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・マレーシア語・インドネシア語・タイ語)

 ・施設ガイドサービス
 5言語(日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ