【第27回モンブラン国際文化賞授賞式】ラグジュアリーブランド「モンブラン」が世界17ヵ国で開催するアート界随一の権威を誇る国際的文化賞に日本の法人格としては初の「寺田倉庫」が受賞!

 リシュモン ジャパン株式会社
副賞として、特別限定品“パトロンシリーズ”の万年筆も授与 2020年に向けて新国立競技場の設計を手掛ける、世界的建築家の隈研吾氏が中野善壽氏の受賞を祝して登壇!

 この度、モンブラン文化財団は、文化芸術分野において若い才能の育成などに尽力する “アートパトロン”として貢献されている方を称える「モンブラン国際文化賞」の日本における2018年度の授賞式を、8月8日(水)寺田倉庫 B&C HALLにて開催致しました。

 今年度の受賞者は、2020年を見据え天王洲エリアリバイバルや日本におけるモダンアートシーンの分野でのダイナミックな活動など、未来の新しい形のアートパトロンとして活躍されてきた寺田倉庫(代表取締役 中野善壽氏)が日本の法人格として初めて受賞致しました。寺田倉庫は、若手アーティストを支援することを目的としたアートアワードの開催、希少価値の高い画材を集めた画材ラボ、レンタルアトリエ、アート作品の運送・展示・保管・修復をワンストップサービスで提供するなど、中野氏のリーダーシップのもと、天王洲エリアはアートの聖地として生まれ変わりました。このような新たなタイプのアートパトロンとしての功績が、今回の受賞に繋がりました。

 代表取締役 中野善壽氏は、今回の受賞を受け「私のもとで9年間あらゆる事にチャレンジしてくれた仲間達と共に、この栄えある素晴らしい賞を頂けます事にとても感激しています。同時に大変誇りに思います。この誇りを糧に次のステップに向けて、さらなる挑戦に繋げてまいります」と喜びのコメントをしています。

 当日は、世界の歴史に名を残すアートパトロンに捧げて発表されるモンブラン特別限定品「パトロンシリーズ」が贈呈されました。また、中野氏と縁の深い隈研吾氏にゲストオブオーナーとしてご登場頂き、寺田倉庫への受賞お祝いコメントとして「中野さんとは、仕事をしているだけでなく遊びを沢山させていただいて、世界の様々な所を旅行しました。美味しいものを食べて、飲んで。そういう事を通じて、文化の創造に繋がっていく、そのような楽しさの中から文化が生まれる。そのリアルなプロセスを中野さん、寺田倉庫さんに見せて頂きました。受賞を機に、新たなパートナーシップが生まれ、そのコミュニティが天王洲から広がると思うと、すごく胸がワクワクしております。」とお話されました。

 また特別ゲストとして、アーティストのサラ・オレイン氏が登場し、歌声を披露。会場中を透き通るような美声で包みこみ、素晴らしい演奏とともに授賞式に華を添えて頂きました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-895060-21.jpg ]

 ■当日参加いただいたゲストの方々

 [画像2: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-436603-22.jpg ]

 
■寺田倉庫(代表取締役中野 善壽氏)が受賞
世界の「アートパトロン」を讃える伝統のアワード
アーティストや演奏家の功績・業績を称える国際的な賞は少なくありませんが、「モンブラン国際文化賞」は、彼らへの揺ぎない支援を通じて芸術の発展に寄与している個人や団体の活動を称える世界でもユニークな賞です。1992年にモンブラン文化財団によって創設された同賞は、毎年、芸術および文化の発展・繁栄のために無私無欲で惜しみない支援活動をしている現代のアートパトロンへ、その傑出した功績を称える証として授与されます。27回目を迎える2018年のモンブラン国際文化賞は、17の国と地域で17名の現代のアートパトロンへ授与されます。同賞は、創設以来これまでに、英国皇太子殿下、英国出身の指揮者であるサー・サイモン・ラトル氏、フランスのファッションデザイナーであるアニエスベー氏、イタリアを代表する建築家レンゾ・ピアノ氏、そして日本では、ファッションデザイナーのコシノ ジュンコ氏、アーティストのオノ・ヨーコ氏、歌舞伎俳優の市川猿翁氏、指揮者の小澤征爾氏、音楽家の坂本龍一氏をはじめとする高名な方々に贈られてきました。日本では1994年から欠かさず実施されており、わが国における「アートパトロナイズ」に対する啓蒙に努めてきました。この活動は、筆記文化の牽引役を自負し、様々な形で文化芸術支援を行っているモンブランにとって、最も重要な活動のひとつとなっています。今年度の受賞者は、2020年を見据え天王洲エリアリバイバルや日本におけるモダンアートシーンの分野でのダイナミックな活動など、未来の新しい形のアートパトロンとして活躍されてきた寺田倉庫(代表取締役 中野 善壽氏)に決定致しました。
なお、日本における同賞の受賞者としては初の法人格となります。

 ■指折りのクリエイターたちが推薦
受賞者は、モンブラン文化財団が各国から選び抜いたノミネーター(推薦人)とモンブラン文化財団の選考によって選出されます。各国を代表するアーティストで編成されるノミネーターも、受賞者の豪華な布陣とともに、芸術への影響力が大きい世界で指折りのクリエイティブな方たちです。2018年の日本におけるノミネーターに選出された方は、ビジュアルデザインスタジオ「wOw」代表の高橋裕士氏、ギャラリストの小山登美夫氏、ドイツ在住アーティストの塩田千春氏の御三方です。

 [画像3: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-481646-23.jpg ]

 
■今を生きるパトロンと歴史上の偉大なパトロンとの出会い。
モンブラン 特別限定品万年筆「パトロン シリーズ 2018ルートヴィヒII」

 [画像4: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-572237-0.jpg ]

 各国から選ばれたモンブラン国際文化賞の受賞者には、主賞として、モンブラン文化財団より15,000ユーロの小切手が授与されます。小切手のあて先は受賞者が指定し、受賞者が支援する団体への寄付となります。さらに、副賞として、モンブラン特別限定品万年筆「パトロンシリーズ」より、受賞者のためだけに製作されるスペシャルバージョンが授与されます。この「パトロンシリーズ」は1992年の同賞の発足より毎年発表されるコレクションで、歴史上の偉大なアートパトロンをテーマに製作されます。2018年は、ワーグナーの庇護者として知られるバイエルン王「ルートヴィヒII」に想を得た万年筆です。スペシャルバージョンは、毎年の受賞者の数とモンブラン博物館に収蔵されるものだけしか生産されない希少な作品です。

 ■日本における受賞
寺田倉庫 (代表取締役 中野善壽氏)

 受賞理由;
天王洲エリアリバイバルなど
新たなタイプのアートパトロンとしてのダイナミズムに対して
日本におけるモダンアートシーンの分野で寺田倉庫のダイナミックな活動の数々は、未来の新しい形のアートパトロンの役割を示唆しています。代表取締役の中野 善壽氏は、自らがアートコレクターであるばかりでなく、アーティストやアートパトロンたちの救世主でもあります。まず、その自社のアートスペースは美術展を開催する最もホットなスポットのひとつであり、2017年の‘DAVID BOWIE is’ も開催されています。中野氏のリーダーシップの下、東京オリンピック開催の2020年までには、天王洲エリアはモダンアートの聖地として生まれ変わります。スタインウェイ・ジャパンなどの文化芸術に関係の深い企業も、誘致に応じてこの地にオフィスを開き、カフェやギャラリーも続々と軒を連ねています。さらに、寺田倉庫は、長きに渡り、アーティストのみならず、アートパトロンにも、彼らのコレクションを披露する場を提供し続けているという事実も特筆すべきことです。日本における同賞の受賞者としては初の法人格となりますが、個人の情熱や審美眼ならびに先見の明が、企業活動を通して増幅され、大きな結実と効果を実現しているこのケースは、今こそ讃えられるべきものです。

 ■寺田倉庫について
1950年東京・天王洲の地に創業した寺田倉庫は、スペースを活用するノウハウを駆使した保存・保管の技術向上を追求しており、美術品、ワイン、メディアといった専門的な商品の保存・保管技術においては業界内で高い評価を得ております。近年では、アートの発信地・集積地としての天王洲をコンセプトに、アート関連事業に注力。その領域は美術品修復施設や画材ラボ、ギャラリー、ミュージアム等の施設運営、また後世に継承されるべき伝統芸能のサポート等芸術文化活動への積極的な支援など多岐にわたります。

 ■代表取締役・中野 善壽(なかの よしひさ)氏について
1944年生まれ。伊勢丹を経て、鈴屋にて海外事業や商品開発担当、代表取締役専務など歴任。パリ、ニューヨークに駐在し海外出店を推進。その後台湾に渡り、中国力覇集団百貨店部門代表、遠東集団董事長特別顧問及び亜東百貨COOを経験。2011年寺田倉庫入社、2012年より代表取締役を務める。同社では大規模な組織再編や、事業構造の改革を行い、Webサービス構築の推進や、スペースを活かしたアートコンテンツ事業の展開など、従来の倉庫業の領域を超える事業の指揮を執る。また、個人で台湾に会社を設立し、アジア各国の商業施設開発コーディネーター&アドバイザー業務を受託、現在に至る。2015年中華民国政府文化部名誉顧問就任。27年に渡り台湾に在住、現在に至る。

 ■主賞15,000ユーロの寄付先について
モンブラン文化財団より受賞者に贈られる主賞は、新たな一般社団法人の設立の立ち上げ資金の一部として寄付されることとなりました。以下の通り、代表取締役 中野善壽氏よりコメントをお寄せ頂きました。
[画像5: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-152527-13.jpg ]

 [表: https://prtimes.jp/data/corp/14715/table/4_1.jpg ]

 ■会場展示アーティスト
[画像6: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-187787-12.jpg ]

 神馬啓佑 Keisuke Jinba
1985年愛知県生まれ。2011年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科表現専攻修了。2018年「当然の結末#2(鑑賞と干渉、言語能力、円周軌道)」(ギャラリーparc 京都)、2016年「肉とヴェール 清田泰寛 神馬啓佑 二人展」(京都芸術センター)、「VOCA展 現代美術の展望-新しい平面の作家たち-」(上野の森美術館)といった展覧会を開催。 「物質と記憶」をキーワードに所有物への愛着や個人的経験をモチーフにした平面作品を発表している

 [画像7: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-137427-17.jpg ]

 鈴木ヒラク Hiraku Suzuki
1978年生まれ。アーティスト。東京芸術大学大学院美術研究科修了後、シドニー、サンパウロ、ロンドン、ニューヨーク、ベルリンを拠点に滞在制作を行う。「描く」と「書く」の間を主題に、平面、インスタレーション、壁画、映像、パフォーマンス、彫刻、写真など多岐にわたる制作を展開し、国内外でドローイングの領域を拡張し続けている。音楽家や詩人とのセッションや、アニエス・ベーやコム・デ・ギャルソンとのコラボレーションも手掛ける。著書に「GENGA」(河出書房新社)など

 [画像8: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-431483-15.jpg ]

 中島崇 Takashi Nakajima
1972年生まれ。1994年 桑沢デザイン研究所 写真研究科卒業。現代美術作家。「私の芸術表現とは、個人と公共が交わる場所をつくることです。つまり、個人的思考を公共に向けて提案する行為だと思っています。セッティングされた空間の中で人と人とが出会い、語らい、新たな思考を発見し、鑑賞者も作品の一部となり、作品もまた鑑賞者の一部となる。そんなインスタレーション作品の発表を続けています」

 [画像9: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-127835-16.jpg ]

 藤元明 Akira Fujimoto
1975年東京生まれ。東京藝術大学デザイン科卒業。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科非常勤助手を経て現在アーティストとして国内外で活動。東京藝樹大学非常勤講師。人間では制御出来ない社会現象をモチーフとして、様々な表現手法で作品展示やプロジェクトを展開。主なプロジェクトに「NEW RECYCLE(R)」「ARITA Aura」「2021」「Fountain」「ソノ アイダ」など

 [画像10: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-581743-14.jpg ]

 水川千春 Chiharu Mizukawa
1981 年大阪生まれ。2004年同志社女子大学卒業。2006年彩都IMI大学院スクール修了。美術作家。2006 年から2014年まで移動生活をしながら多数の滞在レジデンスに参加し、国内外で多数の展示を行う。代表作として、残り湯、温泉、雨、川、海などの水をつかったあぶりだし絵の作品。ライブで炙り出すパフォーマンスや、音楽や舞台とのコラボも行う

 [画像11: https://prtimes.jp/i/14715/4/resize/d14715-4-899218-9.jpg ]

 山本努 Tsutomu Yamamoto
1980年岡山生まれ。2009年東京芸術大学大学院先端芸術表現科修了。一年を通じ、時間を見つけて、釣りのために湖に浮く中から視覚化される、または振動などの不可視の事柄を現象として捉えカタチにする活動を続けている。近年では風の流れを形態化したレリーフなどを制作している

 ■モンブランについて
モンブランは1906年以来の先駆的な精神に則って、画期的な技術革新で筆記文化に革命をもたらすタンク式の万年筆を世に送り出しました。現在、モンブランは、頂点を極めた筆記具はもちろん、時計、レザーアイテム、アクセサリー、香水、アイウェア等の分野にその領域を開拓し、精緻なクラフツマンシップを進化させ続けています。おのおのの分野において、伝統に磨かれた新しい機能性と画期的なデザインを提供するため、最高の職人技を捜し求めた結果、筆記具はドイツのハンブルク、時計はスイスのジュラ地方のル・ロックルとヴィルレ、レザーアイテムはイタリアのフィレンツェに自社工房を設立しています。生涯の伴侶として相応しいパフォーマンス、新鮮さ、品質、スタイルを約束するのは、アイコニックなモンブランのブランドロゴマークです。最近はデジタルツールの開発にも積極的に取り組んでおり、その革新的な精神は変わらずに今もなお息づいています。人類文明を構成する基本的な要素のひとつである筆記文化に深く根付いた伝統を有するモンブランは、創業以来芸術・文化活動を支援し続けています。そうした活動の中でも、四半世紀を超える歴史を持つ「モンブラン国際文化賞」は、アーティストではなく、アーティストを影で支える人々の活動を称えるユニークなアワードとして独自の存在感を確立しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ