BlockMason、世界有数のブロックチェーン同業組合である「デジタルコマース協議会」に加入!

 BaseLayer株式会社
 BaseLayer株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 :競仁志、以下BaseLayer)が日本におけるマーケティングのパートナーシップ契約を結んでいる、ブロックチェーン技術の基盤技術の開発を手がけるリーディングカンパニーであるBlockMasonは、世界有数のブロックチェーン同業組合であるThe Chamber of Digital Commerce(デジタルコマース協議会)に加入します。これを機に、BlockMasonは協議会メンバーとして、ブロックチェーン技術をより一層世界へ広めることに貢献していきます。

 ■BlockMason: https://blockmason.io

 [画像1: https://prtimes.jp/i/31637/38/resize/d31637-38-239704-0.jpg ]

 ■Blockmason 会長Michael Chin 氏コメント

 [画像2: https://prtimes.jp/i/31637/38/resize/d31637-38-847148-1.jpg ]

 「今回デジタルコマース協議会に加入し、ブロックチェーン業界における多くの有力企業に仲間入りしたことを大変嬉しく思っています。この協議会のチームは、ブロックチェーン産業におけるイノベーション、雇用、投資を促進する環境整備に熱心に取り組んでいます。彼らの仕事は、ブロックチェーンの基盤技術を開発するテクノロジー企業としての私たちの使命と合致していることもあり、私たちは積極的に協議会に貢献していく予定です。」

 ■デジタルコマース協議会とは
 デジタル資産やブロックチェーン業界を代表する世界最大の同業組合。デジタルコマース協議会は、ブロックチェーン技術を推奨し、規制当局や業界に対し密に働きかけることを使命としています。ワシントンD.C.に本拠を置くこの協議会は、Token Alliance、Blockchain Intellectual Property Council、Smart Contracts Alliance、Blockchain Alliance、Global Blockchain Forumなどの主要な取り組みを行っています。

 ■ブロックメイソンについて

 [画像3: https://prtimes.jp/i/31637/38/resize/d31637-38-522943-2.jpg ]

 BlockMasonは、ブロックチェーンイノベーションをサポートする基盤フレームワークを構築することに重点を置いた、ブロックチェーン技術の世界クラスの開発グループです。最初のプロダクトであるクレジット・プロトコルは、相互に確認および合意のとれた債務情報を記録し、ブロックチェーンに永続的に保管するための、標準化された、安全で信頼できる手段として注目されつつあります。クレジット・プロトコルを採用した最初の分散型モバイルアプリである「Lndr(レンダー)」は、ブロックチェーンを活用し、数十の通貨を利用した友人間のお金の貸し借りやIOU(借用証明、誰からいくら借りているかの証明)の迅速な記録およびそれに基づいた決済を可能にします。

 ▼BlockMason:https://www.blockmason.io
▼“日常負債解決”モバイルアプリ『Lndr』:https://lndr.io/jp/

 ■会社概要
会社名 : BaseLayer株式会社
所在地 : 渋谷区千駄ヶ谷3-14-5 第16スカイビル4階
代表者 : 代表取締役 競仁志
事業内容: 海外ブロックチェーンの日本向けPR・マーケティング・コミュニティマネジメントを
  ワンストップで提供
TEL :03-5775-1313
MAIL :info@baselayer.asia
URL : http://www.baselayer.asia/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ