様々な看護実践に用いることができる「移行理論」の提唱者 Afaf I. メレイス博士来日講演決定!

 株式会社 学研ホールディングス
株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研メディカル秀潤社(東京都品川区、代表取締役:影山博之)は、移行理論の実践と教育で著名なAfaf I.メレイス博士の特別来日講演の開催を決定!お申込み受付を開始いたしました。
[画像: https://prtimes.jp/i/2535/1867/resize/d2535-1867-433725-0.jpg ]

 「移行理論」の第一人者であるAfaf.I.メレイス博士を2019年2月に招聘し、東京・京都の2会場で日本の看護教員、臨床看護師、看護管理者、に向けてご講義いただきます。

 ・メレイス博士らが提唱されている 「役割と移行の理論」について、移行理論誕生と理論構築についてメレイス理論を展開します!
『移行理論の実践と教育』をテーマに、移行理論の基本から、移行理論をどのように教えるのか、患者アセスメントとケアに移行理論をどのように適用するのかなど、看護管理者や看護教員だけでなく、認定看護師や専門看護師、臨床看護師の皆様へ、看護実践において困った時の解決のヒントを事例を踏まえながらご講義いただきます。貴重なこの機会にぜひご受講ください!

 【セミナー開催概要】
■ 2019年2月 3日(日):10:00~16:30 東京会場 定員 400名
■ 2019年2月10日(日):10:00~16:30 京都会場 定員 600名

 ☆★セミナーの詳細・お申込みはこちら★☆
https://gakken-mesh.jp/seminar/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ