進学塾『早稲田アカデミー』 本シリーズ初挑戦 芦田愛菜さんが本気で叫ぶ!小中学生に全力でエール送る新グラフィック広告「本気は無敵。」を初公開

 株式会社早稲田アカデミー
~2018年10月15日(月)より広告掲出&冬期講習会 募集開始~芦田さんの中学校生活のインタビューや先輩としての目標も

 小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾を運営する株式会社早稲田アカデミー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:古田信也)は、12月26日(水)~1月7日(月)※に行われる冬期講習会の募集開始に伴い、広告キャラクターの芦田愛菜さんが登場する新グラフィック広告を10月15日(月)より公開いたします。  ※地域によって一部日程が異なります

 [画像1: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-394152-3.jpg ]

 ■新グラフィック広告:冬期講習会募集広告
早稲田アカデミーの卒塾生でもある芦田愛菜さんが、勉強を始めとする学校生活に本気で取り組んでいる小・中学生を応援する存在として、子どもたちに全力でエールを送る姿を表現しました。コピーは、「本気は無敵。」です。
・タイトル :冬期講習会募集広告「本気は無敵。」篇
・出演 :芦田愛菜
・広告展開先 :交通広告
<駅構内>
実施期間:11月5日(月)~11月29日(木)
掲載場所:JR線・東京メトロ・東急線・京王線・小田急線・西武線・東武線・都営地下鉄線・横浜市営地下鉄線・相鉄線・東葉高速線・つくばEX線・京浜急行線・京成線 各線にて展開
<車両内>
実施期間:JR線 – 11月5日(月)~11月12日(月)
 私鉄各線 – 11月5日(月)~12月5日(水)
掲載場所:JR線・東京メトロ・東急線・京王線・小田急線・西武線・東武線 各線にて展開

 ■撮影エピソード
8月下旬のまだ暑さが残る中、「本気は無敵。」篇の撮影は行われました。舞台は、実際に使われている関東郊外の中学校。廊下や体育館には、部活動に励む生徒たちの声が響き、現場入りした芦田さんは興味深そうに眺めていました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-623415-2.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-102328-1.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-824535-0.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-619565-4.jpg ]

 ■語りかけるような「エール」で演技力を発揮
1パターン目は廊下での撮影。冬服では蒸し暑く感じる気温だったのですが、芦田さんは暑そうな顔一つせずに演技に集中していました。「頑張って」「大丈夫」と優しく語りかけるように「エール」を送る芦田さん。カメラマンからのディレクションに対しては、質問を重ねてしぐさや表情を細かく確認しながら、さまざまなパターンを表現していました。

 ■まっすぐに全力で叫ぶ、圧巻の「エール」!
2パターン目は強風が吹く屋上での撮影でしたが、その風に負けない笑顔で登場した芦田さんの姿に、現場は一気に明るくなりました。向かい風を受けながら、口元に手を当てて「負けないで!」「諦めないで!」と力強い「エール」を送る芦田さん。「OK!」の声が掛かるとほっとした様子を見せ、「ありがとうございました!」と笑顔で現場を後にしました。その直後、突然の雨。「さすがだね!」とスタッフ一同驚きました。

 ■芦田愛菜さんへインタビュー
Q:「エール」を送る場面の撮影では、どんなことを意識されましたか。
A:「気持ちで負けるな」「自分を信じて」という気持ちをもって、撮影に挑みました。

 Q:以前早稲田アカデミーに通塾されていたとき、その中で得たものや良かったと思うことがあれば教えてください。
A:通塾したことによって、同じ目標をもったたくさんのライバル達に会い、刺激を受けたことが、今の自分にもつながっていると思います。

 Q:以前のインタビューで「本を読むことが集中力を高める秘訣」とおっしゃっていましたが、最近読んで気になった本はありましたか。
A:授業で古事記の勉強をして、西洋ファンタジーではなく、和製ファンタジーが読みたいな、と思っていた時にちょうど出会った一冊がとても面白かったです。物語の壮大な世界観に引き込まれ、あっという間に読んでしまいました。

 Q:以前のインタビューで学校に「後輩が入ってくるのが楽しみ」とおっしゃっていましたが、後輩の皆さんとはどのような場面で接していますか。
A:主に部活で接しています。

 Q:実際に後輩と関わるなかで、嬉しかったことや大変だったことはありますか。また、改めてどんな先輩になりたいか教えてください。
A:私が後輩にあれこれ指示を出して、ついてきてもらうのではなくて、私がちゃんとやっているから「自分たちも今はフザケたりしてはいけないな、しっかり頑張ろう」とか、今は私も遊んだり楽しんだりしているな、だから「今は一緒に楽しく過ごしたいな」など、言葉にしなくても周りが雰囲気を感じ取って自ずとついてきてくれるような先輩になりたいです。

 Q:これから冬期講習会に本気で取り組む生徒の皆さんへ、芦田さんからの「エール」をお願いいたします!
A:自分のためにも、今まで支えてくださった方々のためにも、自分の力を信じて、最後まで諦めずに全力で、駆け抜けてください!

 <芦田さんに対する、カメラマン・土井文雄氏からのコメント>
今回、初めて芦田さんを撮影させていただきましたが、すべての表現に意志を感じたというのが率直な印象です。私のディレクションに対してもその意図を考えながらチャレンジしてくれたので、私もそれに応えなければ、と思いながら撮影していました。中学生らしいお茶目なところもありつつ、しっかりとした芯もあって、本当に頼もしい女優さんだと感じました。

 ■出演者プロフィール:芦田愛菜

 [画像6: https://prtimes.jp/i/14235/9/resize/d14235-9-787535-5.jpg ]

 2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。ジョビィキッズに所属し、俳優、タレント、歌手として活動。連続ドラマ「Mother」で注目を浴び、「マルモのおきて」、「ビューティフルレイン」「明日、ママがいない」などで主演を務め、映画では「円卓~こっこ、ひと夏のイマジン~」や「告白」、「阪急電車」などに出演し、「パシフィック・リム」でハリウッドデビューも果たした。現在、NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」にて史上最年少で全編の語りを担当している他、バラエティやCMなど幅広いジャンルにて活躍中。「第34回日本アカデミー賞新人俳優賞」、「第53回日本レコード大賞特別賞」、「2011年東京ドラマアウォード主演女優賞」など数々の賞を受賞。

 ■制作スタッフリスト
クリエイティブディレクター 松元篤史(アサツー ディ・ケイ)
アートディレクター 山本武志(アサツー ディ・ケイ)
コピーライター 松元篤史(アサツー ディ・ケイ)
デザイナー 関田佳一、滝本圭(共にADKアーツ)
カメラマン 土井文雄(土井文雄写真事務所)
スタイリスト 浜松あゆみ(カコカロ)
ヘアメイク 久慈拓路
レタッチ 村山輝代(foton)
プロデューサー 林美将(アサツー ディ・ケイ)
制作 中川岳

 ■早稲田アカデミーとは
早稲田アカデミーは、首都圏に校舎を展開する小学生・中学生・高校生を対象とした進学塾です。1975年の創業以来一貫して、「本気でやる子を育てる」という教育理念のもと、第一志望校合格を目指す生徒たちをサポートしています。
本気の受験で得られるものは、合格だけではありません。「自ら考え、学び、解決する」という、一生の財産となる力も身につくのです。早稲田アカデミーはこれからも、「志望校合格」を追求することで、未来に向かう子どもたちの成長を支えてまいります。

 ■早稲田アカデミーの冬期講習会について
・早稲田アカデミーの冬期講習会では、各学年の総まとめと総合力・実戦力の養成を図ります。8日間※という限られた期間の中で、単元学習と問題演習をバランスよく行い、総合力を高めていきます。
※学年によって異なります
・受験生は入試における得点力向上のために、問題演習を通じて実戦力を養います。
・冬期講習会に関するお問い合わせ・お申し込みは、ご希望の校舎までお願いいたします。
?校舎別連絡先:https://www.waseda-ac.co.jp/school/
・ご希望の学年に合わせた冬期講習会のカリキュラムのご確認は、特設ページをご覧ください。
?冬期講習会特設ページ:https://www.waseda-ac.co.jp/special/shortcourse_winter/
・冬期講習会期間: 12月26日(水)~1月7日(月)※ 地域によって一部日程が異なります
・受付開始日 :10月15日(月)

 【運営会社】
法人名:株式会社早稲田アカデミー
所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋二丁目 53 番7号
設 立:1974 年 11 月(1975 年 7 月)
代表者:代表取締役社長 古田 信也
事業内容:小学生・中学生・高校生を対象とする進学塾の経営等
URL: https://www.waseda-ac.co.jp/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ