世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>から、高速タイムゾーン修正・タイムトランスファー機能搭載のアストロン史上最高性能を誇る「5Xシリーズ」デビュー

 セイコーウオッチ株式会社
 セイコーウオッチ株式会社(代表取締役会長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都中央区)は、世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>から、さらなる進化を遂げた新開発のキャリバー「5X53」を搭載した数量限定モデルを含めた全5機種を11月29日(木)に、次いで2機種を2019年2月8日(金)にいずれも全国および、海外市場において順次発売いたします。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-967304-13.jpg ]

 <セイコー アストロン>は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売した、クオーツウオッチ<クオーツ アストロン>から名を受け継いでいます。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に継ぐ、時計史の「第二の革命」を起こすべく、2012年9月に誕生した世界初のGPS ソーラーウオッチです。地球上のどこにいてもGPS 衛星からの電波を受信して、緯度・経度・高度の情報を取得することで現在地を特定し、すばやくその場所の正確な時刻を表示します。
 2014年には、劇的な小型化に加え、操作性の向上を実現した「8Xシリーズ」を発売し、異なる2つの時刻帯を表示するデュアルタイム機能をはじめ、ストップウオッチ機能を搭載したクロノグラフなど、多彩な商品群によりユーザーのライフスタイルに寄り添うことで、国内外を問わず、高い支持を獲得してきました。
 アストロンの歴史は、ブランドのルーツである「絶対精度の追求」と、それを実現するための「絶え間ない進化」にあります。新たなラインアップとなる「5Xシリーズ」は、時計史における「第二の革命」を、次のステージへと導きます。

 ≪商品の特徴≫
アストロン史上最高性能「5Xシリーズ」:5つの進化
・ 新設計のモジュールと圧倒的な運針スピードによる「高速タイムゾーン修正機能」
[画像2: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-247550-8.jpg ]

 受信性能に関わる全てのパーツを新たに開発、衛星を探し出す能力を改善し、最短3秒で時刻情報を取得します。さらに、時・分・秒針それぞれに独立したモーターを搭載することにより、時刻修正時の運針速度も劇的に向上しました。(※1)また、2018年10月現在、4機体制となっている、日本のほぼ真上に長時間留まるよう工夫された準天頂衛星「みちびき」のすべてに対応しており、日本国内において、これまで以上に高い受信成功率を誇ります。(※2)

 ・ ホーム/ ローカルタイムの切り替えが瞬時に可能「タイムトランスファー機能」
[画像3: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-448255-7.jpg ]

 簡単なボタン操作(2時と4時位置のボタンの同時長押し)により、ホームとローカルタイムを瞬時に切り替えることが可能です。

 ・ さらなる低消費電力化による、ケースサイズの小型化を実現
[画像4: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-362771-10.jpg ]

 新規開発した超低消費電力のGPSモジュールを搭載した、新規設計のムーブメントにより、デビューモデルである「7Xシリーズ」の約1/4、第二世代の「8Xシリーズ」に対して、およそ半分の低消費電力化に成功、これに伴いソーラー充電システムやムーブメント自体を小型化し、完成品としてケース径:42.9mm、厚さ:12.2mmの世界最小最薄(※3)のGPSソーラーウオッチが誕生しました。

 ・ 究極のストレスフリー「スーパースマートセンサー(自動時刻修正)」
[画像5: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-427871-0.jpg ]

 セイコー独自の技術である「スマートセンサー(自動時刻修正)(※4)」がさらに進化。「5Xシリーズ」では、太陽光を感知してから受信開始するまでの時間を、ユーザーの使用環境に応じて、より受信成功率の高いタイミングへ自動的に可変させる新システムを採用。さらに、省電力化により従来は補助的な仕様であった任意時刻設定(前回強制受信に成功した時刻)による受信を強化し、異なる受信方法で最大1日2回の自動時刻修正を行い、より高い時刻精度を実現します。
※充電量が不足しているときには受信を行いません。タイムゾーンを移動した際にはタイムゾーン修正が必要になります。

 ・ 新開発の簡易アジャスト機構「スマートアジャスター」を備えたメタルブレスレット
[画像6: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-932389-9.jpg ]

 季節や体調による腕周りの変化時に、ブレスレットのサイズをワンプッシュで簡単に調整できる新機構「スマートアジャスター」を採用しています。

 2018 Limited Edition
[画像7: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-194931-14.jpg ]

 「5Xシリーズ」のデビューを記念して、世界限定:2,000本の数量限定モデルを発売いたします。ブルーをベースとしたグラデーションカラーのダイヤルにピンクゴールド色の金属パーツを組み合わせた「5Xシリーズ」のデビューにふさわしい特別なデザインです。裏ぶたには、限定モデルの証であるLimited Edition の文字と0001/2000~2000/2000までのシリアルナンバーが記されています。

 アストロン初のレディスモデルもラインアップ
[画像8: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-112526-12.jpg ]

 ダウンサイジングを果たしたことで、待望の女性用アストロンがラインアップ。リゾートシーンやラグジュアリーなシーンを想起させるカラーリングや、インデックスにあしらわれたダイヤモンドが華やかな、グローバルで活躍する女性のためのGPSソーラーウオッチです。

 ≪商品仕様≫
<セイコー アストロン> 5Xシリーズ デュアルタイム
[画像9: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-406234-15.jpg ]

 [画像10: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-958388-16.jpg ]

 [画像11: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-907315-18.jpg ]

 [表1: https://prtimes.jp/data/corp/10826/table/156_1.jpg ]

 <セイコー アストロン>5Xシリーズ デュアルタイム 2018限定モデル
[画像12: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-217061-19.jpg ]

 [表2: https://prtimes.jp/data/corp/10826/table/156_2.jpg ]

 <セイコー アストロン>5Xシリーズ デュアルタイム
[画像13: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-457008-17.jpg ]

 [表3: https://prtimes.jp/data/corp/10826/table/156_3.jpg ]

 <セイコー アストロン>5Xシリーズ デュアルタイム
[画像14: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-212048-20.jpg ]

 [画像15: https://prtimes.jp/i/10826/156/resize/d10826-156-915758-21.jpg ]

 [表4: https://prtimes.jp/data/corp/10826/table/156_4.jpg ]

 ※SBXC001/003/007/009/011:Comfotex Ti(※6)モデル
SBXC004/006:Comfotex(※6)モデル

 【共通仕様】
ガラス材質:サファイアガラス(スーパークリア コーティング(※7))
ベゼル材質:セラミックス
<SBXC009/011のみ>一部サファイアガラス
防水性能:日常生活用強化防水(10気圧防水)
耐磁性能:耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
ケースサイズ:[外径]42.9mm(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]12.2mm
<SBXC009/011のみ>[外径]43.5mm(りゅうず・突起部含まず)[厚さ]13.3mm
アフターサービス:メーカー保証 保証期間1年間

 【ムーブメント仕様】
GPS ソーラームーブメント キャリバー 5X53
時間精度:平均月差±15秒(受信できない状態で、気温5℃~35℃において腕につけた場合)
受信機能:GPS 衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能(※8)
:スーパースマートセンサー(自動時刻修正機能)
:強制時刻修正機能
:捕捉衛星数表示機能
:受信結果表示機能
:受信オフ機能(機内モード)
その他機能:デュアルタイム表示機能(AM/PM表示つき)
:タイムトランスファー機能
:針位置自動修正機能
:ソーラー充電機能
:パワーセーブ機能
:パワーリザーブ表示機能
:ワールドタイム機能(39タイムゾーンに対応)
:パーペチュアルカレンダー(2100年2月28日まで)
:DST(サマータイム)機能(※8)
※「5Xシリーズ」では、タイムゾーン修正(手動を除く)に成功すると、
その地域のDST(サマータイム)の実施情報を反映した時刻を表示します。

 (※1)東京→NY(時差14時間)での運針速度の比較:8Xシリーズ 34秒、5Xシリーズ 3秒
(※2)準天頂衛星システムとは、複数機の人工衛星により構成される日本を含むアジア・オセアニア地域をカバーする地域的衛星測位システムです
(※3)2018年10月12日時点、当社調べ ※SBXC009/011を除く
(※4)スマートセンサー
セイコー独自の自動時刻修正機能。ダイヤルに太陽光が当たると5秒以内に自動で受信を開始します(1日1回)。また、袖口などに隠れて太陽光を感知できなくても、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、その時刻に自動受信を開始。ユーザーが気づかぬうちにいつでも正確な時刻になっている画期的な機能です。
充電量が不足しているときには受信を行いません。タイムゾーンを移動した際にはタイムゾーン修正が必要になります。
(※5)ダイヤシールド
「ダイヤシールド」とは、日常使いの擦り傷、小傷から時計本来の美しい輝きや、きれいな仕上げを守るために、セイコーが独自に開発した表面加工技術です。また、「ダイヤシールド」同等の硬度を備えた「ローズゴールドダイヤシールド」も新たなカラーバリエーションとして加わりました。
(※6)Comfotex(コンフォテックス)
ガラスの存在を感じさせない「スーパークリア コーティング」と、時計を傷から守る「ダイヤシールド」により、腕時計に求められる快適性(見やすい、傷つきにくい)を実現する、セイコー独自の快適技術です。また、さらなる快適性を追求した「 Comfotex Ti( コンフォテックス チタン)」では、ステンレススチールに比べ約4割比重が軽く、金属アレルギーまたはニッケルアレルギーを発生させにくいチタン素材を直接肌に触れる部分に使用しています。
(※7)スーパークリア コーティング
光の反射を99%以上抑制する透明被膜を、ガラスの表裏両面に施したセイコー独自の無反射コーティング処理です。太陽光や照明がまぶしい環境下でも、ガラスの存在を意識させません。また、表面の防汚膜により汚れがついても簡単に拭き取ることができます。
(※8)掲載商品に内蔵されているタイムゾーンおよびDST(サマータイム)のデータは、弊社ウェブサイトにてご確認ください。(www.seikowatches.com)。タイムゾーン・DST(サマータイム)の導入情報が変更となった場合には反映されません。手動タイムゾーン選択や、手動DST(サマータイム)設定が必要となります。

 <お問い合わせ先>
セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012(通話料無料)

 セイコーウオッチ公式Webサイトアドレス
https://www.seikowatches.com/

 <セイコー アストロン>の公式Webサイトアドレス
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron

 セイコーウオッチ公式facebookページ
https://www.facebook.com/Seiko.Japan/

 セイコーウオッチ公式Instagram
https://www.instagram.com/seikowatchjapan/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ