北海道胆振東部地震による被災中小企業の販路開拓を応援!「北海道応援フェア」開催

 中小機構
開催期間:11月19日~12月2日 会場:東急ハンズ新宿店

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、所在地:東京都港区、理事長:高田坦史)は、平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震で事業に影響を被った中小企業の販路開拓支援として、「北海道応援フェア」を開催します。

 目利きのバイヤーが厳選して、北海道ならではの素材を活かした商品を販売します。併せて、北海道観光情報コーナーも設置し「元気です北海道」との発信も行います。

 本応援フェアでは、北海道胆振東部地震に伴う停電等の影響を受けた中小企業の首都圏での新たな販路開拓を支援するため、東急ハンズ新宿店(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル南館)において14日間にわたり展示販売会を開催します。

 <開催概要>
■開催期間:11月19日(月曜)~12月2日(日曜)
■会場:東急ハンズ新宿店4階(キッチンフロア)
■営業時間:10:00~21:00
■出店企業・商品:北海道で加工食品を製造・販売する中小企業9社・42商品
※添付の出店者及び商品リストをご参照ください。
■北海道の観光PRコーナーも併設予定。

 <中小機構について>
中小企業基盤整備機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として様々な中小企業支援を行う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所の地域本部を拠点として、中小企業の事業活動の活性化に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化などの中小企業の様々な課題に対し、経営相談、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ