地図WebアプリのAPIサービス「GEOSPACE API」に新機能

 NTT空間情報株式会社
~ 外部情報の地図重畳表示機能、一方通行およびUターン条件指定検索機能を追加 ~

 デジタル地図の整備・制作、および空中写真を含む空間情報コンテンツの販売を行うNTT空間情報株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長 猪瀬 崇)は、このたび、地図Webアプリ開発支援ツール「GEOSPACE API」の新機能の提供を、2018年11月9日に開始しました。

 「GEOSPACE API」は、詳細地図や航空写真の地図コンテンツを使ったアプリケーションを開発できるAPI※1です。ルート検索、多言語地図表示、マーカーやポップアップ表示など、多彩な機能をラインナップしており、動態管理システムや商用マップサービス開発などの様々な用途に、リーズナブルな料金でご利用いただけます。

 今回新たに、外部情報の地図重畳表示機能、一方通行およびUターン条件指定検索機能を追加しました。これにより、例えば、不動産分野では、地図重畳表示機能を活用し、制作年代の違う地図と最新の地図を重ね合わせることで、都市の景観や家屋の経年変化を迅速に把握することができます。また、物流分野では、一方通行およびUターン条件指定検索機能を活用し、運搬ルートをもとに運搬経路図を作成することで、輸送運搬経路の周知や運搬経路における運行状況の把握など、各種業務支援ができます。
詳細地図は、山間部や離島などを含む日本国土全域(約38万?)をカバーしており、道路、空港などの公共物や大規模商業施設約500件の建物住所情報を毎月更新しています。また、航空写真は、地上解像度25cm(都心部は16cm)の高解像度と広いカバレッジ(日本国土全域の約88%)を有しています。

 《 開発担当者様へ 》
1.『サンプル認証キー』の30日間無料提供
Webアプリ開発担当者様からのご要望にお応えし、「GEOSPACE API」を30日間無料でお試し利用できる『サンプル認証キー』を発行しております。お試し利用をご希望の方は、「お問い合わせ」フォーム(当社ホームページ)よりご依頼ください。
「お問い合わせ」フォームはこちら→→→ https://www.ntt-geospace.co.jp/cgi-bin/contact/index.cgi

 2.『GEOSPACE API 開発手引書』の無償公開
Webアプリケーションの開発方法を解説する『GEOSPACE API 開発手引書』をホームページで無償公開しております。『サンプル認証キー』と併せてご活用ください。
『GEOSPACE API 開発手引書』はこちら
 →→→ https://www.ntt-geospace.co.jp/sample/geospace_api_sample/index.html

 ※1 API(Application Programming Interface)
プログラムからアプリケーションを操作するためのインターフェース のこと。開発者様はAPIに従って機能を呼び出す短いプログラムを入力するだけで、自分でプログラミングすることなくその機能を利用したソフトウェアを作成することができます。

 ■新機能の概要
1.外部情報の地図重畳表示機能
ユーザ側(利用端末)で重畳表示したい以下のデータを事前に用意することで、GEOSPACE CDSが配信するタイル画像上に重ねて表示することができます。
(1) XYZ方式のタイル画像 
GEOSPACE CDSで表示できる地図を2つ選び、透過度を変えて重ね合わせ表示することができます。
[重畳表示可能な地図]GEOSPACE CDS 電子地図、航空写真、衛星画像、ハイブリッド
【例1】 XYZ方式のタイル画像の表示イメージ

 [画像1: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-305409-7.png ]

 (2) KMLファイル
KMLファイル(走行ログデータなど)を用意することで、地図上にデータを簡単に表示することができます。
[注意事項]KMLファイルの描画レスポンスはローカル端末の処理速度に依存するため、巨大なKMLファイルを表示させるときには注意が必要です。
【例2】 KMLファイルの表示イメージ

 [画像2: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-994913-1.png ]

 ※赤いルートが走行ライン、黒丸は単位時間毎の位置
(3) GeoJSONファイル
GeoJSONデータを用意することで、地図上に“ポイント・ライン・ポリゴン”データを表示することができます。下記の【例3】では、台東区がオープンデータとして公開している「銭湯の位置情報」をGeoJSON形式に変換し、GEOSPACE CDS上に表示しています。
また、銭湯位置情報(CSV形式)を加工し、GeoJSON形式としています。
台東区オープンデータ:https://www.city.taito.lg.jp/index/kusei/opendata/index.html
【例3】 GeoJSONファイルの表示イメージ

 [画像3: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-258563-2.png ]

 ※台東区内にある銭湯に赤いマークが表示されている。
 中縮尺における銭湯アイコンとも一致

 2.一方通行規制の条件指定検索
一方通行規制を考慮したルート検索条件が指定できます。

 一方通行規制を考慮しない場合 一方通行規制を考慮した場合
[画像4: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-823041-8.png ]

 3.経由地でのUターン回避の条件指定検索
経由地でのUターン回避を考慮したルート検索条件が指定できます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-457664-4.png ]

 経由地でのUターン回避を考慮しない場合 経由地でのUターン回避を考慮した場合

 ■主な機能 ※赤字部分:2018年11月9日より新規追加
[画像6: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-112453-5.png ]

 機能の詳細はこちら→→→ https://www.ntt-geospace.co.jp/geospace/api.html

 ■想定利用シーン
・物流分野
大型トラックによる資材(木材、土砂等)の配送管理やルート検索、運搬経路図作成など、
動態管理支援システムの開発に。
産業廃棄物運搬処理時の運搬経路図、マニフェスト票、報告書作成支援システムの開発に。
・観光分野
外国人観光客に向けた多言語地図や経路検索サービスの提供に。
・交通分野
バス・タクシーの運行管理システムや位置情報提供サービスなどの構築に。
・自治体/建設分野
避難マップや迂回路情報など地域/住民向けWebサービスの提供に。

 ■提供価格(税別)
初期費用 :325,000円
年間利用料:650,000円/1端末あたり
※ 多言語地図をご利用の場合はオプション料金が必要となります(PV数による従量課金)。
※ 年間利用料にはコンテンツ利用料(GEOSPACE 電子地図のみ)とAPIサービス利用料を
 含みます。端末台数によりお見積りいたします(ボリュームディスカウントあり)。
※ 航空写真も併せてご利用の場合は、別途お見積りいたしますのでお問い合わせください。

 ■『GEOSPACE API 開発手引書』イメージ
GEOSPACE API を使ったWebアプリケーションの開発方法を解説する手引書です。
Web上で機能ごとにサンプルコードを選択し、参照しながら簡単に作ることができます。
サンプルコードはご自由に複写可能です。
[詳しい情報はこちら(当社ホームページ)]
→→→ https://www.ntt-geospace.co.jp/sample/geospace_api_sample/index.html
[画像7: https://prtimes.jp/i/24563/51/resize/d24563-51-605341-6.png ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ