創刊40周年を迎える『月刊ムー』2019年カレンダー発売中! 壁掛けタイプ「ボイドタイムカレンダー」と卓上タイプ「ムー公式 実践・超日常英会話カレンダー」で2019年はムーの世界に親しむ1年に!

 株式会社 学研ホールディングス
株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)発行の雑誌「ムー」は、株式会社ハゴロモ(東京・千代田区)/代表取締役:橘 壮太郎)とカレンダーにおいてライセンス契約を締結。この度、壁掛けタイプと卓上タイプの2種類のカレンダーがハゴロモより発売になった。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-460118-7.jpg ]

 2019年に創刊40周年を迎える「ムー」の商品化が活性化している。

 1979年の創刊以来、ずっと読み続けている40~50代の世代から、昨今のオカルトブームを受けて、メディアの話題から「ムー」を知った20~30代の世代まで、男女問わずファン層は広がりを見せている。「ムー」のテーマは、UFO、超能力、UMA、古代文明、都市伝説などで、「世界の謎と不思議に挑戦する」というキャッチコピーの通り、他の雑誌にはない編集方針の下、唯一無二の雑誌としてポジションを確立している。

 そんな中、今秋、ハゴロモより発売になったのが「ボイドタイムカレンダー」と「ムー公式 実践・超日常英会話カレンダー」。
「ボイドタイムカレンダー」は壁掛けタイプでスケジュールの記入も便利なデザイン。占星術に基づく「禁断の時間帯」が一目瞭然となっている。一方、「ムー公式実践・超日常英会話カレンダー」は卓上タイプの週めくり。50以上の例文で超日常的なシチュエーションに備える英会話をじっくり学べる。

 【ボイドタイムカレンダー】
[画像2: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-160858-4.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-227197-3.jpg ]

 【ムー公式実践・超日常英会話カレンダー】
[画像4: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-785654-0.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-981327-2.jpg ]

 [画像6: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-152165-1.jpg ]

 ムーらしさを存分に表現したこのカレンダーで2019年は「ムー」の世界に親しんでみてはいかがだろうか。

 【商品概要】
■製造・販売:株式会社 ハゴロモ http://www.hagoromo.com/
■販路:全国の大型書店など

 商品1.:ボイドタイムカレンダー2019
[画像7: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-191003-5.jpg ]

 価格:2300円(税抜)
構成:B3、13枚
監修:小野十傳
※「ボイドタイム」とは…
占星術に基づく「禁断の時間帯」のこと。この間に計画立案や契約など「決断」をすると凶作用が働くため、普段通り過ごすことが重要であるとされている。

 商品2.ムー公式 実践・超日常英会話カレンダー2019
[画像8: https://prtimes.jp/i/2535/1907/resize/d2535-1907-888425-6.jpg ]

 価格:1800円(税抜)
構成:17×15cm、55ページ
絵:石原まこちん 文:宇佐和通
※「ムー公式実践・超日常英会話」(学研プラス)とは…
ムー編集部が企画した英会話学習本。「この町でUFOがよく出る場所を教えてください」「幽霊が出るので部屋を替えてほしい」「最終戦争に備えて核シェルターを予約した」--など、あやしい旅先や不穏な日常に役立つ英会話を「ムー」が解説。異星人や心霊、陰謀などから身を守れる320例文を収録。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ