医療用緊急性判断チャットボット「ドクターQ」のブロックチェーン化へ

 NAM Asia Hong Kong
緊急性の判断を手軽に。集まったデータはブロックチェーンで改ざん不能へ

 株式会社NAM(本社:東京都中央区GINZA SIX、代表取締役:中野 哲平)は、平成30年11月より医療用緊急性判断チャットボットをイーサリアムネットワークと同期する形でブロックチェーン化し、LINE/Telegramその他とクロスプラットフォームでシステムが運用されることをお知らせ致します。

 NAMでは創業以来開発を続けていたドクターQに主に3点改良を加えました。ドクターQに貯蓄されたデータはイーサリアムネットワークと同期されることで、プライベートかつパブリックであるハイブリット型のブロックチェーンを実現しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32681/7/resize/d32681-7-344307-3.png ]

 (0) ドクターQとは?
 NAM社の代表である中野哲平が2016年度に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の未踏事業(未踏IT人材発掘・育成事業)にて個人で開発したボットシステムが今のドクターQになっています。このドクターQは、症状を伝えることで、ユーザーの体調の緊急性を判断するシステムです。これについて今回、大幅なアップデートが行われました。

 (参考URL: https://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2016/gaiyou_f-2.html

 LINE版: https://line.me/R/ti/p/%40ffn3774n
Telegram版: https://t.me/DoctorQbot

 (1):ボタン式から自然対話型へ
これまではボタン式の対話でしたが、より柔軟な情報取得に特化した自然対話型への転換をいたしました。
また各ユーザーにとってより身近なチャットボットとしてご使用いただき、様々なご相談をして頂く為にUXにこだわった仕様に変更しております。

 (2):複数のプラットフォームへの展開
今までは日本人の方に向けた日本語対応のLINEボットのみの提供でしたが、
今後は国別における人気SNSプラットフォームに対応して参ります。
(Telegram, Facebook messenger, Twitterなど)
また、国内においてもスマホの使用を前提としたチャットボットではアプローチできなかった、
団塊世代以上のシニア層も不便なく使用して頂けるようスマートスピーカー対応にも取り組んでいきます。すなわち音声を利用したドクターQです。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=lf6BHN1u_F0 ]

 (3) ドクターQのブロックチェーン化
ブロックチェーンの画期的な技術が注目される中、実社会への応用を詳細に考えられているケースは稀です。ましてや医学の分野では皆無です。弊社では、ドクターQに集まってくるデータの品質と可視性を担保するためブロックチェーンを利用しました。生物医学研究および臨床試験に使用されるデータのガバナンスは、正確な結果を生成するための重要な要件です。臨床試験結果の改ざんなど過去には大きく報道されている事件があります。NAMでは、ドクターQをブロックチェーンで管理することで、新しいデータ管理法を実現しました。それによりドクターQに貯蓄されるデータは、ただの人工知能BOTの対話データに止まらず、改ざんされていない生データであり安心して二次利用できる貴重なデータになります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32681/7/resize/d32681-7-772835-0.png ]

 DoctorQchain 技術概要
ドクターQに集まってくる大量の医療情報をブロックチェーンに載せるのではありません。Docker上で構築したPythonプラットフォームを弊社が開発し、医療機関でノードの立ち上げが容易に可能となります。 DoctorQchainプラットフォームは、データ収集中に人の介入が入ることなく、自動で既存データプラットフォーム(Hadoopなど)に統合されます。 加えてNiFiを使用して、データがハッシュされ、ローカルのブロックチェーンに記録をします。これが真に改ざん不可能な形で医療情報を貯蓄する新たな形となります。
ここで重要となるのがパブリックブロックチェーンと一部統合される点です。公正な検証を行うために、ローカルブロックチェーンの状態はパブリックであるEthereumネットワークに定期的に同期されます。プライベート/パブリックのブロックチェーンのハイブリッドにより結果を公共性持ちながら、検証しブロックチェーントランザクションのコストを削減できます。Dockerという形で配布している理由としましては、医療機関、専門研究機関がDoctorQchainのノードを簡単に立ち上げられるようにするためです。参加する機関と施設が多くなればなるほど、システムが公平に運用されます。

  DoctorQchainの開発環境
Docker (18.03.1) を利用しています。Pythonは (3.6.1) , Ethereum (2.3.2), Geth (1.8.0)を使用しています。公開環境が整い次第、Githubにて公開させて頂きます。

 [画像3: https://prtimes.jp/i/32681/7/resize/d32681-7-717638-1.jpg ]

 [画像4: https://prtimes.jp/i/32681/7/resize/d32681-7-791382-2.jpg ]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ