高級西洋なし「ル レクチエ」、今年の解禁日は11月21日に決定!

 新潟県 農林水産部
お歳暮やパーティーシーズンの贈答品として高く評価

 JA全農にいがたは、新潟県特産の高級西洋なし「ル レクチエ」の販売解禁日を11月21日に決定いたしました。県産「ル レクチエ」は、早出し競争による品質低下を防ぐため、JAグループの自主的な取組として販売解禁日がもうけられています。

 「ル レクチエ」は、皮が薄く、傷つきやすいデリケートな性質のため、栽培には繊細な技術と環境が求められます。生産量が限られ、出荷時期が約1ヵ月と短いため、希少価値が高く、高価なもので1玉4,000円の値が付けられるものもあります。その希少性と、甘くとろみのある上品な口当たり、芳醇な香りといった特長から、お歳暮など贈答品として高く評価され、華やかなパーティーシーズンにぴったりの果物です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/29653/9/resize/d29653-9-761594-0.jpg ]

 [画像2: https://prtimes.jp/i/29653/9/resize/d29653-9-131556-1.jpg ]

 [画像3: https://prtimes.jp/i/29653/9/resize/d29653-9-543268-4.jpg ]

 他の西洋なしと比べて追塾期間が長く、例えば、「ラ・フランス」の追熟期間は15~20日間ほどですが、「ル レクチエ」は約40日間の追熟期間を要します。10月中~下旬ごろからの収穫作業ののち10~15℃で管理することによって、表皮が緑色から山吹色に変化し、高い糖度ととろけるような果肉、
独特な甘い香りが生まれます。

 「ル レクチエ」は、フランス生まれの西洋なしで、日本では明治36年(1903年)に新潟県で栽培されはじめました。当初、栽培に試行錯誤を繰り返していましたが、デリケートな果実をひとつひとつ袋をかけて大切に栽培するなど、産地をあげて本格的な栽培に取り組み、平成に入った頃、安定的に出荷できるようになりました。こうして新潟県は本国フランスをもしのぐ「ル レクチエ」の一大産地へと発展しました。現在、国内における「ル レクチエ」の8割が新潟県で生産され、県における「ル レクチエ」の年間生産量は約1,600トンにのぼります。

 [画像4: https://prtimes.jp/i/29653/9/resize/d29653-9-703663-2.jpg ]

 [画像5: https://prtimes.jp/i/29653/9/resize/d29653-9-795836-3.jpg ]

 【ル レクチエの概要】
・名称 :「ル レクチエ」
・販売解禁日:11月21日
・収穫時期 :10月中旬~下旬
・販売期間 :11月21日から約1ヵ月
・販売場所 :首都圏・中京・関西の百貨店、果物専門店 など
・価格 :1玉平均300~500円ほどで、贈答用高級果実として高く評価される
・色 :追熟で緑色から山吹色に
・味 :濃厚な甘みと適度な酸味
・香り :甘い香水のような芳醇な香り
・形 :首の部分がくびれた、エレガントな外観
・食感 :とろみがあり、なめらかな口当たり

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ