京都発 オーガニックコスメブランド「コトシナ」からグリーンティー香るハンドソープ 新発売

 株式会社バル
手を洗いながらまるでハンドケアをしたような洗い上り。

 体の中で最も洗う回数が多い手。手洗いは日々の大切な習慣でもあります。グリーンティーの心安まる香りに、保湿成分がたっぷりと配合されたコトシナのハンドソープで、日々のハンドウォッシュにささやかなときめきを。ご自宅用にはもちろん、プレゼントにも最適です。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-532889-9.jpg ]

 京都発オーガニックコスメブランド コトシナ(京都市中京区:株式会社バル)は、新商品 ハンドソープを2018年12月1日(土)より発売いたします。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-461624-10.jpg ]

 グリーンティーの香りで、洗うたび心安らぐ。

 泡立てた瞬間にふわっと爽やかなグリーンティーの香りが立ち込めます。ジェルタイプで泡立ちよく、水で流すと 肌残りのないさっぱりとした使い心地が特徴です。洗った後もほんのり残るグリーンティーの香りで、心まで癒されて。

 保湿成分をたっぷりと配合

 フランスの天然スパウォーターや京都宇治の有機緑茶成分をはじめ、アロエベラ葉エキスなどの保湿成分をたっぷりと配合。しっとりと柔らかな洗いあがりで、手肌を優しく守ります。
手を洗いながらまるでハンドケアしているような使用感で、日常の暮らしに上質なひとときを提供します。

 ユニセックス&ギフトにも

 男女問わずお使いいただけるため、ご自宅用にはもちろん、手ごろな価格でギフトにも最適。
京都らしいシンプルなパッケージは、和の空間にも洋の空間にも馴染み、洗練された印象を与えます。

 商品詳細
商品名 KS ハンドソープ GT
価格 2,800円(税別)
容量    200mL
発売日  2018年12月1日(土)
販売店舗 京都BAL店 伊勢丹新宿本館 地下2階 ビューティアポセカリー ほか
※オンラインショップでもお買い求めいただけます。
http://www.kotoshina-shop.jp/

 【KOTOSHINA】

 [画像3: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-254656-0.jpg ]

 日本・京都発のオーガニックコスメブランド。
「KOTOSHINA」とは、古都の品もの、古都の品格、ことがらをしなものに。 という意味が込められています。

 「KOTOSHINA」の製品は、その成分・生産工程において フランスの有機認証機関QUALITE FRANCE(カリテフランス)に認証され、 COSMEBIO(コスメビオ)ラベルを取得※した、正統なオーガニック化粧品です。

 パッケージには、天然由来成分配合比率、有機農業由来成分配合比率が明記され、イメージだけではない、裏付けされた確かな処方でお届します。
(※一部を除く。)

 オーガニック認証の主な基準

 [画像4: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-202800-1.jpg ]

 QUALITE FRANCE(カリテフランス)の有機認証、
COSMEBIO(コスメビオ)ラベルを取得の場合

 ・最終製品(水を含む)の95%以上が天然又は天然に由来する原料を使用。
・植物原料のうち95%以上が、オーガニック(有機農業由来)原料である。
・製品には、全成分表示を行い、オーガニック成分の含有量を記載している。
・合成着色料、合成香料を使用しない。
・製品の10%以上が、オーガニック(有機農業由来)原料である。(水、海藻、塩などはオーガニック認証に含まれないため、製品に占めるオーガニック原料は10%以上が規定)
・原料に遺伝子操作物質、放射線照射物質、合成香料、合成色素、パラベンやフェノキシエタノールなどの合成保存料、石油化学物質(パラフィン、シリコン、PEG)等の禁止された化学物質を使用していない。
・自然のバランスの保持や動物実験の禁止など、あらゆる製造過程において自然に配慮している。
・包装はリサイクル可能または生物分解可能なものを使用。

 ブランドマーク~茶の実と家紋~

 [画像5: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-228234-3.jpg ]

 KOTOSHINAのブランドマークは、茶の実由来の家紋と、湧き水や水の流れをイメージしてつくられたものです。
家紋は、日本が世界に誇るシンボルデザインです。
かたちの美しさだけではなく、日本人の生活の中に根付き、家計や血統の象徴として受け継がれてきた「しるし」の図柄です。
日本古来の家紋は、その原型から発展し、今では何万種類とも言われるほどたくさんの種類があると言われ、動植物、自然現象をモチーフにしたもの、幾何学模様、器物、文字由来など、シンプルなものから複雑なものまで多種多様です。
その中でも、植物をデザインした家紋は種類が多く、「茶の実紋」もその一つです。

 緑茶成分について

 [画像6: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-925812-7.jpg ]

 KOTOSHINAの製品にはすべて、京都宇治の有機緑茶成分が配合されています。
京都宇治は、日本の茶の文化をはぐくみ支えた1000年余の古都・京都を背景に、気候や土壌などの自然環境にも恵まれ、極めて上質な緑茶を産出する歴史ある産地です。
KOTOSHINAでは、その宇治の有機認定緑茶園と提携し、有機緑茶原料を確保しました。
緑茶の葉には、カテキン、ビタミンCをはじめ、栄養豊富な成分がふくまれていますが、緑茶葉成分(保湿成分)だけでなく、茶の実オイル(保湿成分)を抽出して配合しています。(※一部を除く。)

 茶の実オイルについて

 [画像7: https://prtimes.jp/i/39014/1/resize/d39014-1-108694-5.jpg ]

 茶の実油は、ツバキ油同様、古くから日本人の肌や髪の手入れに使われてきた優れたオイルですが、飲用の茶の文化が発達するにつれ、茶の木の価値は茶葉を育てる事に注がれ、実が収穫されることはほとんどなく今に至り、非常に希少性の高いオイルです。
10月ごろの茶畑には、色濃い緑の中に白い花が咲き、1年後にはそれが実となります。茶の実は3つの部屋に分かれ、中には丸い褐色の種子が入っています。
茶の実油はその種子から搾油して得られる淡黄色の透明なオイルで、オレイン酸含有率が非常に高く、蒸発しにくいサラサラとした脂肪酸で優れた保湿力を持ち、私たちの肌になじみやすいオイルです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ