2018年は「グレイヘア」元年に!新語・流行語大賞ノミネート/火付け役書籍『グレイヘアという選択』他 シリーズ累計8万部に

 株式会社主婦の友社
[画像1: https://prtimes.jp/i/2372/859/resize/d2372-859-827795-0.jpg ]

 このたび、「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」の2018年ノミネート語30に、「グレイヘア」が選出されました。

 株式会社主婦の友社では、いち早く女性の「グレイヘア」に注目し、2016年9月に『パリマダム グレイヘアスタイル』を発売。白髪を受け入れ、おしゃれに、自分スタイルを楽しむパリの素敵なマダムたちを紹介しました。同時期にグレイヘアに対する日本女性の意識調査を実施し、白髪は染めることが主流のなか、「約8割の女性が“いつかは染めるのはやめたい”と思っていること」「85%が美しいグレイヘアのお手本を探していること」などを明らかにしました。

 【2016年9月 主婦の友社「白髪(グレイヘア)と白髪染めに関するアンケート」結果】
女性は他人からの見え方を気にして白髪染めするが、8割は白髪染めを「いつかやめたい」 75%以上の女性がグレイヘア(白髪)の美しい人に憧れている事実 美しいグレイヘアの有名人1位は 草笛光子さん
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000597.000002372.html

 今年4月に実施した2回目となる意識調査では、女性の白髪のイメージを「素敵・美しい」とする人の割合が2016年の前回調査より約5倍増えており、ポジティブに受け取める流れに変化していることをつきとめ、「グレイヘア」への関心やニーズの高まりを裏付けました。同時に、初めて日本人女性の「グレイヘア」をテーマにした『グレイヘアという選択』を発売すると、読者からの反響も大きく、様々なメディアにも取り上げられ、現在までに5万部を発行するにいたっています。

 【2018年4月 第2回主婦の友社「白髪(グレイヘア)と白髪染めに関するアンケート」結果 】
美しいグレイヘアになれる方法があれば知りたい「89%」 女性のグレイヘア(白髪)に対する意識が1年半前に比べより前向きに変化
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000796.000002372.html

 本書の発売に前後して、白髪染めをやめてグレイヘアに移行する有名人女性も増え、女性の新しい生き方の選択肢としての「グレイヘア」がさらに注目を集めるようになりました。

 今年10月には第3弾となる『グレイヘアの美しい人』を発売し、発売後即重版が決定。シリーズ3冊の発行部数は8万部を突破しています。

 2018年は、白髪をきれいに見せるヘアケア商品、グレイヘアに似合うファッションなど、関連商品や新しい提案も次々登場し、まさに「グレイヘア元年」となりました。

 シリーズを担当する編集者 グレイヘアエディター 依田邦代(よだ・くによ)

 [画像2: https://prtimes.jp/i/2372/859/resize/d2372-859-544017-4.jpg ]

 若さだけが価値ではなく、年齢なりの美しさや魅力があることに気づいた、時代の成熟あっての今のグレイヘアブームです。白髪染めをしないという選択肢が認められることで、「無理せず、自然に、美しく」生きられる女性が増えるといいな、と思っています。

 (プロフィール)1958年生まれ。大学卒業後、主婦の友社入社。雑誌編集長などを経て、2012年より書籍編集者。 大人女性に向けたライフスタイル本 『OVER60 Street Snap』、『古布を着る。』、『玲子さんののんびり老い支度』他、数々のヒット作を手がける。

 「グレイヘアサロン」Facebookページ https://www.facebook.com/greyhaireditor/

 白髪を染めたくないけど…、いつやめる?途中が見苦しくない?老けるのでは?  日本で初めてグレイヘアの素敵な女性になる方法を徹底解説した一冊

 [画像3: https://prtimes.jp/i/2372/859/resize/d2372-859-847275-1.jpg ]

 白髪を染めている人の80%は「いつか白髪染めをやめたい」と思っているという調査結果がある(2016年主婦の友社アンケートより)。問題は、いつやめるか? 途中の期間をどうやって見苦しくなく過ごすか? そして、グレイヘアになると老けて見えるのでは?という不安。それらの問題に答を見出すべく、さまざまな方向から掘り下げた、グレイヘアの決定版。
素敵なグレイヘアインタビューは、結城アンナ、萩尾みどり等20名以上。グレイヘアを選んだきっかけ、どのようにグレイヘアに移行したか、グレイヘアになってみての感想、まわりの反応は?等、読み応えたっぷり。

 さらに、グレイヘアだからこそ似合うファッションやメイクの提案、40代ライターによる白髪育てドキュメント、白髪染め卒業をサポートしてくれるヘアサロン紹介。
そして、ビューティージャーナリスト齋藤薫によるグレイヘアエッセイ。

 『グレイヘアという選択』
本体1500円+税 2018年4月発売 ISBN:978-4-07-427804-6
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000798.000002372.html

 『グレイヘアという選択』の第二弾。話題の近藤サト、手塚理美ほかが登場

 [画像4: https://prtimes.jp/i/2372/859/resize/d2372-859-325280-2.jpg ]

 白髪染めをやめて、自分らしく、ありのままに生きる選択をした32人のストーリーが共感を呼んだ第一弾から半年。多くの声に応えて第二弾を刊行。

 このところ、近藤サト、手塚理美、萩尾みどり、麻生圭子など、有名人女性たちが続々と白髪染めをやめてグレイヘアへと移行している。そんな彼女たちの「グレイヘアを選んだ理由」インタビューをはじめ、ビューティージャーナリスト齋藤薫や脚本家内館牧子のエッセイ、グレイヘア女性ならではのおしゃれの提案として「メガネはグレイヘアのためにある」「グレイヘアになったら同窓会は着物で」「働く女性がグレイヘアになって買ったものVS手放したもの」など。

 ライフスタイルが素敵なグレイヘア女性たちの生き方や、フランスのグレイヘア事情を取材したドキュメントなど、グレイヘアにした人、これからしてみたい人の知りたい情報が満載の一冊。

 『グレイヘアの美しい人』
本体1200円+税 2018年10月発売 ISBN: 978-4-07-433041-6
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000845.000002372.html

 ありのままのグレイヘアで素敵に!  パリマダム37人に学ぶ、魅力的なヘアスタイル、ヘアケア、ファッション、生きかた

 [画像5: https://prtimes.jp/i/2372/859/resize/d2372-859-970215-3.jpg ]

 年を重ねると共に増える白髪の悩み。本当は染めたくないけれど、老けて見られるのがイヤでしぶしぶ染めているという女性が大半だ。素敵なグレイヘアマダムのお手本を探しにパリへ。

 グレイヘアで魅力的な自分スタイルを完成させているパリマダムたち37人を取材。
生き生きとしたマダムたちの姿に目が奪われる。また、グレイヘアにした理由、お気に入りのヘアスタイル、グレイヘアを美しく保つヘアケアのコツ、グレイヘアを素敵に見せるファッションテクニックなどをインタビュー。さらにはグレイヘアをより魅力的に見せる凛とした生きかたも紹介。

 『パリマダムグレイヘアスタイル』
本体1500円+税 2016年9月発売 ISBN: 978-4-07-416960-3
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000598.000002372.html

 本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 企画・プロモーションユニット(広報担当)
TEL:03-5280-7577 pr@shufutomo.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ