アメリカの崩壊を市井の人々の声を通して描いたノンフィクション『アメリカ死にかけ物語』発売! 著者リン・ディン来日決定。

 河出書房新社
初来日。来日イベントも東京・大阪で開催。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/12754/205/resize/d12754-205-309256-0.jpg ]

 河出書房新社は10月27日 リン・ディン著『アメリカ死にかけ物語』
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309227511/
を刊行しました。
ホームレス、ドラッグ中毒、アル中、退役軍人……アメリカの路上で出会った、見過ごされた底辺の人々。たまたま出会った彼らから、心の奥底にある真の声を聞き出し、鮮やかに描いた傑作ノンフィクションです。

 日本版刊行に際し、ディンが新たに「日本の読者へ」「トーキョー・ドリーミング」という章を、またディンを敬愛してやまない作家の川上未映子さんが、約15枚にわたるエッセイ「『アメリカ死にかけ物語』によせて」を書き下ろしていただきました。

 リン・ディンは1963年、ベトナム、サイゴン生まれ。ベトナム戦争末期の75年、偽名を使いベトナムを脱出、アメリカに居住。各地を転々とした後、フィラデルフィアに定住。事務員やペンキ職人など様々な職業に就く一方、詩や小説の執筆、朗読活動に取り組み、2007年、詩集『Borderless Bodies』(未邦訳)でAsian American Literary Awardを受賞、一躍人気作家として名を馳せました。2018年、計36年住んだアメリカを離れ、今はベトナムに在住しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12754/205/resize/d12754-205-716311-1.jpg ]

 現在の、崩壊するアメリカの真の姿を映す本作は、作家の川上未映子氏、岸政彦氏から絶賛、熱い推薦の言葉を寄せられています。

 誰にも気づかれることなくやがて消えていくだけのさまざまが、
たしかにそこで光を受けて存在していた、その一瞬が立ちあがる。
価値のない、誰の人生も変えることのない、ただの美しさ。
————川上未映子

 ホームレスの男、薬物中毒の女。失敗した実業家、退役軍人。誰からも見放された街の、バーや路上で、たまたま出会った人びとの話を聞く。穏やかな小雨のように降り注ぐ、静かな人生の欠片。
この世界の最大の謎は、信号やバス停や駅で隣りあっただけの誰かにも、人生があるということだ。リン・ディンは、一杯のぬるいビールで、その謎を解きあかす。この本は、アメリカの荒廃した都市を生きる、声を持たない人びとの声を集めてできた、バーと路上の文学である。リンが教えてくれるのは、「私たちは生きている」ということだ。
リン・ディンの文章を読むと、猛烈に酒が飲みたくなる。一杯オゴるから、今度は俺の話も聞いてくれ。この国も、もうダメかもしれないから。
————岸政彦

 **************************
11月19日(月)に取材日を設けます。
ご希望のメディア関係者の方は下記連絡先にお問い合わせください。
**************************

 この来日に合わせ、東京・大阪の書店で豪華ゲストを招いたトークイベントを開催します。
取材依頼は河出書房新社、お申込みは各開催書店にお願いいたします。

 【東京】リン・ディン×柴田元幸×小澤身和子 トーク&サイン会
開催日時 2018年11月18日(日) 18:00~19:30(開場17:30)
開催場所 青山ブックセンター本店内・大教室
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
参加申込 10月21日より下記リンク 青山ブックセンターウェブサイトで受付開始。
http://www.aoyamabc.jp/event/linhdinh/
イベント詳細もこちらからご確認ください。

 【大阪】『アメリカ死にかけ物語』刊行記念 リン・ディン×岸政彦 トーク&サイン会
日時:2018年11月25日(日) 開場13:00 開演14:00 ※終了は16:00頃を予定
会場:スタンダードブックストア 心斎橋 BFカフェ
住所:大阪市中央区西心斎橋2-2-12 クリスタグランドビル
電話:06-6484-2239
料金: 1,500円(1ドリンク付)
予約:1.お電話(06-6484-2239)
2.ご来店(レジカウンターへお越しください)
3.メール
以下のフォームをコピーして記入いただくか、
メール本文に【予約イベント名】【お名前】【電話番号】【人数】を入力、
info@standardbookstore.comへお送り下さい。
担当者が確認後折り返し、ご予約通知メールをお送りいたします。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【予約】イベント 11/25(日)『アメリカ死にかけ物語』刊行記念
リン・ディン×岸政彦 トークイベント&サイン会
【お名前】
【電話番号】
【人数】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
その他詳細はこちら。
スタンダードブックストア心斎橋イベントページ
http://www.standardbookstore.com/archives/66294377.html

 【書誌詳細】
[画像3: https://prtimes.jp/i/12754/205/resize/d12754-205-309256-0.jpg ]

 『アメリカ死にかけ物語』
リン・ディン 著
小澤 身和子 訳

 旅をしながら出会ったホームレス、ドラッグ中毒、アル中といった市井の人々の「忘れられた声」に深く温かく切りこみ、アメリカの破綻を鋭く描いたノンフィクション。川上未映子氏、岸政彦氏推薦。

 単行本 46変形 ● 344ページ
ISBN:978-4-309-22751-1 ● Cコード:0036
発売日:2018.10.27

 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309227511/

 (本文より抜粋)

 『アメリカ死にかけ物語によせて』

 川上未映子

 本書に登場する人々の人生と、それを伝えるリンの視線と語りは、望むと望まざるとにかかわらず、人間がある日いきなり決定された人生に登場させられること、そして登場したが最後、その多くは「死にかけ」のまま生きていかなければならないという事実を思いださせる。そして、いわばその摂理のようなものを変革することがいかに困難であるかを思い知らせる。悲しい人生ばっかりだ。いっそ死ねたら楽なのに。人も国も、どっちをむいてもみんな「死にかけ」たままで、生きなきゃならない。(中略)

 しかし、それでもなお--この『アメリカ死にかけ物語』を読み終わったあと、完全に絶望的な気持ちにならないのは、なぜなのか。これを読んでも絶望しないでいられるなんてどれだけ鈍感なんだと呆れられるかもしれないが、でも不思議とそういう気持ちにならないのだ。人々も国も「死にかけ」てはいる。しかしまだ「生きている」ことのほうが残るのは、なぜなのか。(中略)

 本書を読んで深く心を打たれたのは、リンの文章そのものだ。一本ずつ交互に前歯が抜けていたパブロの言う冗談。農場労働者で混みあう朝五時のベーカリー。やってくる朝。人が死んだり汚れたりするホテルの一室にかけられた絵。夜中にこっそり眠ったポーチのブランコはどんなふうにゆれたのか。黄金の畑。ビリジアンの常緑樹。灰色になったトマトソース。よっつも癌のある目の見えないパティーが電話をかけたい相手。看板に書かれた「練習が完璧へと導く。何を練習するかよく考えなさい」--それらが詩人の言葉によって置き換えられていくとき、誰にも気づかれることなくやがて消えていくだけのさまざまが、たしかにそこで光を受けて存在していた、その一瞬を立ちあがらせる。それはいわゆる美化とはいっさい無縁の美しさだ。価値のない、誰の人生も変えることのない、ただの美しさだ。リンの立っている場所、そして彼の世界に対する態度とそれを記述する詩人の言葉が、そんな「死にかけ」ているすべてのものの「生きている」部分、あるいは「死にかけ」てはいるがまだ死んではいないその理由を、照らすのだと思う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ