47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 青森の味 『ポテトチップス 貝焼き味噌味』1月21日(月)発売

 カルビー株式会社
ついつい、あどはだり(おかわり)!青森の味!

 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、青森の津軽地方や下北地方を中心に伝わる郷土料理、「貝焼き味噌」の味わいを再現した「ポテトチップス 貝焼き味噌味」を数量限定・期間限定で2019年1月21日(月)、青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟・長野(8県)で発売します。また、カルビー直営店及びアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(3月上旬終売予定)。

 【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン))プロジェクトを発足し、2017年度に地元の味を再現したポテトチップスを発売しました。2年目となる2018年度も、前年度に引き続き3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

 2018年度の第2弾となる青森の味『ポテトチップス 貝焼き味噌味』は、取り組みをさらに進化させ、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、青森県庁にて青森県庁の皆様とワークショップや試食会行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは「帆立の醤油焼き味」や「味噌カレー牛乳ラーメン味」の案が出されましたが、ポテトチップスに合う味、地元を懐かしんでもらえるような味わいといった点で「貝焼き味噌味」に決定しました。本商品について、青森県庁の皆さまからは、「帆立の香りが広がって味わいの特徴が良く再現されている!」と好評をいただいています。

 【商品特長】

 ●『ポテトチップス 貝焼き味噌味』は、青森の津軽地方や下北地方を中心に伝わる郷土料理、「貝焼き味噌」を再現した、出汁にほたての味わいがやさしく広がるポテトチップスです。袋を開けるとほたての香りが広がり、食欲をそそります。

 【パッケージ特長】
●表面は、オレンジ色の背景に帆立の貝殻をちりばめました。「貝焼き味噌」の味わいと温かさを感じさせるデザインです。また、「青森の味」の右上には、青森県のPRキャラクターである「決め手くん」を配置し、青森の商品であることを伝えています。

 ●裏面では、貝焼き味噌の味わいの説明や、青森からのメッセージを掲載しています。

 【開発者からのコメント】
開発に当たっては、実際に貝焼き味噌を試食し、味の再現の参考にしました。
貝焼き味噌の、煮詰めた味噌の香ばしさと、卵を合わせた味わいを目指しまし、卵のトロっとした感じと、まろやかな味わいを再現するのに大変苦労しました。
青森の各家庭には、貝焼き味噌専用の貝殻があるというということで、青森県民の皆様に広く親しまれている貝焼き味噌の味を、皆様にぜひ味わっていただきたいです。

1月11日、青森県庁にて商品発表会を行いました。

 商品名:ポテトチップス 貝焼き味噌味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
価格:オープン(想定価格 税込み120円前後)
発売日:2019年月1月21日(月)
販売エリア:青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・新潟・長野
直営店 アンテナショップ:千歳・札幌・東京・原宿・新宿・吉祥寺・海老名・西武所沢・千葉・エキスポ・心斎橋・神戸・広島・博多・沖縄
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ