【博報堂マーケティングスクール】新講座「家族マーケティングシフト」で探る、「家族30年変化」と、いまどき”こそだて家族”のニーズ。

 株式会社博報堂
「家族」の変化を把握しターゲットの捉え直しをしたい方、いまどきの「家族」や「子育て」のトレンドを知りたい方におすすめ!

 少子高齢化に伴う晩婚化と晩産化、夫婦の共働き化、夫や祖父母の育児参加など、家族を取り巻く環境は、確実に変化しています。今回ご案内する生活者研究講座「家族マーケティングシフト」では、そんな、家族生活の変遷を俯瞰しながら、いまどきの“こそだて家族”の実態と、そこから生まれる新しい暮らし方とニーズを読み解きます。生活者発想を企業フィロソフィーとして掲げてきた博報堂ならではの豊富なデータと併せて、家族マーケティングの新しいキーワードが発見できる、今回のプログラム。次の打ち手を探る上で、マーケター必見の内容が盛りだくさんです。

 当日のプログラム
●セッション1
「1988年~2018年時系列調査にみる家族30年変化 “家族はいま、プロジェクトへ。”」
1.家族を取り巻く環境認識 (マクロな社会環境からの発見)
2.家族30年変化 5つの潮流 (時系列調査結果からの発見)
3.プロジェクト家族の暮らしぶり (家庭訪問調査からの発見)
4.これからの家族と企業の向き合い方

 ●セッション2
「いまどき“こそだて家族”の変化をとらえる 新たな家族マーケティングの可能性を探る」
1.ミレニアル家族が変える家族消費 ~身の幸(さち)家族のフレキシ消費~
2.いまどき“こそだて家族”の価値観変化が生む新たな家族消費 ~いまどきママの新常識~

 ▼詳細・お申込みはこちら▼
https://www.hakuhodo.co.jp/marketingschool/course/53797?utm_source=prtimes&utm_medium=prtimes&utm_campaign=prtimes_201902&utm_content=hms_362

 概要
開催日時: 3月19日(火) 15:30~17:30 (受付開始15:00)
申込締切: 3月14日(木)
会場: 博報堂ラーニングスタジオ(東京都港区赤坂)
http://www.hakuhodo.co.jp/business/consulaction/learningstudio/
定員: 80名
費用: 3,000円(税別)

 講師
内濱 大輔 (うちはま だいすけ)
博報堂生活総合研究所 上席研究員

 十河 瑠璃 (そごう るり)
博報堂生活総合研究所 研究員

 亀田 知代子 (かめだ ちよこ)
博報堂こそだて家族研究所 上席研究員

 ※競合企業の方、学生の方は、お申込の際に、ご連絡をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
※プログラムの内容は事情により変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ