【10月からの消費増税前に関するアンケート調査結果】男女、年代によって増税前の購買傾向には特徴的な違いが見られる結果に。

akippa株式会社
駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、akippaを利用しているユーザーに2019年10月からの消費増税前の購買傾向に関するアンケートを実施いたしましたので、その結果を発表いたします。

 【調査結果まとめ】
質問:10月の消費増税前に買いたいものを教えてください。

→男女ともに「家電製品」という回答が圧倒的。
→男女別で見ると、「お酒」「タバコ」「衣類や装飾品」といった回答の割合には違いが見られる結果に。
→年代別で見ると、男女とも
に30代と40代を境に購買傾向が変化。

 【調査概要】
調査主体:akippa株式会社
調査方法:メール配信
エリア:関東・関西
対象:akippaユーザー 10代~70代
有効回答数:1010
男女比:男性 546人/女性 464人
調査期間:8/31~9/6

アンケート結果データの引用、転載に際しては必ず「akippa株式会社調べ」と記載してください。
アンケート結果に関する問い合わせは、下記担当者までお問い合わせください。

 【調査結果詳細】
10月の消費増税前に買いたいものを教えてください。

 回答を見てみると、増税前に買っておきたいものは「家電製品(46.1%)」と答える人が大多数を占める結果になりました。また、家電製品の次に多かった回答は、「車(13.2%)」という結果になりました。
※「その他」には、バイク、パソコン、生活必需品などの回答がありました。

 男女別で比較してみると、男性は「お酒」「タバコ」「車」などの嗜好品が多かったのに対し、女性は「衣類や装飾品」「家電製品」「家具」といった、より普段の生活に密接に関わる物が多く、購買傾向に特徴的な違いが見られました。

 ※10代、70代はサンプルが少ないため割愛

 年代別で比較してみると、20代、30代は「衣類や装飾品」といった回答が多かった一方で、40代以降はそれらの割合は大きく減り、代わりに「お酒」「タバコ」といった回答が多くなっており、30代と40代を境に購買傾向に変化が見られました。

 年代ごとの割合を男女別で比較してみると、男女では全体的な傾向に大きな違いが見られました。

 特に「家電製品」の割合では、男性は年齢が上がるにつれて割合が減っていくのに対して、女性は20代が最も割合が低く、年齢が上がるにつれて割合が増えていく傾向がみられました。

 今回の調査では、年齢と性別によって増税前の購買傾向に違いがみられました。
年代ごとの生活スタイルや家庭での役割などが、結果に影響していると考えられます。

 ■akippaとは

 契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保しています。2019年9月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計3万拠点を確保しており、会員数は150万人を突破しました。
https://www.akippa.com/

 【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ