ラグビーワールドカップ史上初!「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会」を記念したプリペイドカードを大会ボランティアスタッフ向けに配布枚数・期間限定で一般販売も

凸版印刷株式会社
 公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会(本部:東京都新宿区、会長:御手洗 冨士夫、以下「組織委員会」)、ラグビーワールドカップ2019日本大会(以下「大会」)のワールドワイドパートナーであるMastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー、以下「Mastercard」)、トーナメントサプライヤーである凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下「凸版印刷」)、および総合決済事業者としてキャッシュレスを先導する三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下「三井住友カード」)は協力し、大会を記念した限定の「ラグビーワールドカップ2019(TM)プリペイド」(以下「本カード」)を作成しました。 本カードは、組織委員会が大会ボランティアスタッフに配布するとともに、枚数・期間限定で一般販売が2019年9月16日(月)から開始されました。ラグビーワールドカップ史上、記念カードを発行してボランティアスタッフに配布するのは、初めての取り組みです。

 今回の取り組みを通じて、日本で開催されるワールドカップを応援し、成功を願うと同時に、今後日本で開催されるスポーツイベントにおけるキャッシュレス化推進のきっかけになることを狙います。

 本取り組みについて、組織委員会の事務総長 嶋津昭は、次のように述べています。
 「ラグビーワールドカップ2019日本大会のイメージでデザインされた印象的なカードになっており、日本全国の会場でご活躍いただくボランティアの皆さんには、期間中の活動に便利に使っていただけるだけでなく、大会終了後にも大切な記念の品にもなると思います。」

 カードのデザインは、ラグビーワールドカップ限定として2種類をご用意いたしました。

 1. 「Mt. FUJI」デザイン
ラグビーワールドカップ日本大会のロゴをモチーフとしたデザインが施されています。

 2. 「Rugby World Cup 2019™ Mastercard Ambassadors」デザイン
Mastercardのアンバサダーである3選手が登場。大会の日本代表キャプテンであるリーチ・マイケル選手(券面中央)、前回大会日本代表で活躍した山田章仁選手(券面右)、前回大会の優勝メンバーでワールドラグビーの年間最優秀選手に3回選出されたダン・カーター選手(券面左)が本カードのためだけに特別に撮影されたデザインです。日本大会らしく浅草寺を舞台に、東京タワーをバックに配置したデザインが施されています。
なお、一般向け限定販売のみのデザインとなります。

 本カードはMastercard加盟店*にてご利用いただけ、もちろん、大会期間中は国内12会場内の各店舗でのお支払いにもご利用いただくことができます。
*一部の加盟店でご利用いただけない場合がございます。なお、大会ボランティアスタッフ配布分は国内専用です。

 一般向け限定販売の概要は、以下の通りです。

 【販売箇所および期間】
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(六本木ヒルズ、営業時間:7時~24時[年中無休])
2019年9月16日~10月13日まで店頭販売

■ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会について
『ラグビーワールドカップ』は、4年に1度、異なる国が主催して行われるラグビーのナショナルチームの王者決定戦です。 『ラグビーワールドカップ2019日本大会』は、アジアで初のラグビーワールドカップで約170か国から40万人以上が来日し、世界42億人のファンが注目しています。
 ・日程: 2019年9月20日(金)~2019年11月2日(土)
 44日間、48試合
 ・会場: 日本全国12都市開催
 TM (C) Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.
 rugbyworldcup.com
□オフィシャルボランティアプログラムNO-SIDEについて:ラグビーワールドカップ2019日本大会ワールドワイドパートナーであるエミレーツ空港、DHLとオフィシャルバンクであるソシエテ ジェネラルによってサポートされています。エミレーツ航空は、ボランティア参加者へドバイを含むエミレーツ航空のグローバルネットワークである目的地への航空券を10%割引で提供したり、ボランティアのお子様がフラッグベアラーに選出される機会を特典として提供しています。

■Mastercardについて
Mastercard(NYSE: MA)は、世界の決済業界におけるテクノロジー企業です。世界最速の決済ネットワークを運用し、世界210を超える国や地域の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業を繋いでいます。多くの人にとってショッピング、トラベル、事業経営、財務管理など日々の商取引がよりシンプルで、安全かつ効率のよいものとなるプロダクト及びソリューションを提供しております。

 詳細はhttps://www.Mastercard.co.jpをご覧ください。MastercardのニュースはTwitterで@MastercardAP(英語)をフォローいただくか、公式ブログBeyond the Transaction Blog(英語)をご覧ください。また、MastercardのニュースルームEngagement Bureau(日本語)でsubscribeにご登録いただくと、最新ニュースをEメールアラートにてお知らせいたします。

 Mastercardはワールドワイドパートナーとして、Mastercard会員様、パートナー企業の皆様に、このトーナメントに関連した注目すべきPricelessな体験と付加価値を提供してまいります。

■凸版印刷について
凸版印刷は「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション」、「生活・産業」、「エレクトロニクス」の3分野で事業を展開しています。「印刷テクノロジー」という事業基盤のもと、それぞれの事業分野を発展させ、社会やお客さまの課題解決につながる「トータルソリューション」の提供を行っています。また、ラグビーワールドカップ2019日本大会のトーナメントサプライヤーとして、「印刷サービス」のカテゴリーで大会を支援しています。
https://www.toppan.co.jp/

■三井住友カードについて
1967年の発足以来、キャッシュレスを先導する総合決済事業者として、半世紀にわたり日本のクレジットカード業界を牽引しています。国内外のFinTech企業との提携をはじめ、インバウンド消費や地方創生を促進する最新の加盟店ソリューションの提供、世界中で使えるプリペイドカードの発行など、多様化する顧客ニーズに対応した商品開発と時代の変化に応じた新たなビジネスモデルの構築を積極的に推進しています。
詳しくは、 https://www.smbc-card.com/company/index.jsp をご覧ください。

 「いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。Have a good Cashless.」
https://www.smbc-card.com/cashless/hgc.html

 今後も、組織委員会、Mastercard、凸版印刷、三井住友カードは協力し、日本におけるラグビーの発展に貢献してまいります。

 以  上

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ