21卒学生の1月1日時点での就職意識調査 ~キャリタス就活2021 学生モニター調査結果(2020年1月)~

DISCO

 株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2021年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、1月1日時点での就職意識や就活準備状況について調査しました。(調査期間:2020年1月1日~7日、回答数:1,248人)

<< 主な内容 >>

1.就職活動準備状況・・・図表1

 ○「自己分析」「業界研究」「企業研究」は増加傾向。準備のタイミングが早期化

2.就職活動に関する情報の入手先

 ○「就職情報サイト」が最多(92.4%)。「各企業のホームページ(採用サイト)」が続きました

3.インターンシップ参加状況と参加企業からのアプローチ・・・図表2,3

 ○参加経験を持つ学生は約9割(88.9%)。「今後も参加したい」が8割超(83.6%)

4.現時点の志望業界

 ○「明確に決まっている」29.5%。前年同期を3.9ポイント上回りました

5.就職先企業を選ぶ際に重視する点

 ○「将来性がある」49.0%、「給与・待遇が良い」43.6%、「福利厚生が充実」31.8%の順

6.1月1日時点の本選考受験状況と内定(内々定)状況・・・図表4

 ○「本選考を受けた」35.2%。受験社数は平均2.4社。7割超がインターンシップ参加企業

 ○「内定を得た」7.0%。前年同期(4.7%)より2.3ポイント上昇

7.就職活動解禁までの準備の進め方

 ○「志望業界・企業への理解を深める」60.7%、「インターンシップにたくさん参加」57.6%

8.就職後のキャリアプラン

 ○「転職でキャリア・アップ」が過去最高(44.0%)で、「一つの会社に定年まで」と同水準に

詳細レポートはこちら:

https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/01/202001_gakuseichosa-.pdf

 【調査概要】

 調査対象 : 2021年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)

 回答者数 : 1,248人(文系男子410人、文系女子363人、理系男子332人、理系女子143人)

 調査方法 : インターネット調査法

 調査期間 : 2020年1月1日~7日

 サンプリング : キャリタス就活2021学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

図表1. 就職活動準備状況

図表2.インターンシップ参加状況と参加企業からのアプローチ(プログラム参加状況)

図表3.インターンシップ参加状況と参加企業からのアプローチ(参加後アプローチ)

図表4. 1月1日時点の本選考受験状況と内定(内々定)状況

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ