日本CHO協会 新春公開シンポジウム 『2020年からのグローバル人材育成を考える』1月21日 開催

株式会社パソナグループ

 人事部門の役割と機能を探求し「CHO(チーフ・ヒューマン・オフィサー)=最高人事責任者」と次世代CHO人材の育成を目指す「日本CHO協会」(運営主体:株式会社パソナグループ)は、新春公開シンポジウム『2020年からのグローバル人材育成を考える』を、1月21日(火)にパソナグループJOB HUB SQUARE(東京・大手町)で開催いたします。

 グローバル競争がますます激化する中、グローバル視点で人材の採用・育成・配置の最適化を考える べき時代を迎えました。

 今回のシンポジウムは、これまで80か国延べ5万人の人材に教育研修やコンサルティングを通して キャリア構築を支援してきた、グローバル人材育成の第一人者である船川淳志氏の基調講演をはじめ、グローバル人材育成企業の代名詞とも言えるGEヘルスケア・ジャパン株式会社と、日本発のグローバル化を推し進めるカゴメ株式会社の取り組み事例を紹介、3氏によるトークセッションなど多彩なコンテンツを通じて、グローバル人材育成の本質に迫ります。また新春第一回目の会合として、シンポジウム終了後には、軽食と飲み物をご用意した賀詞交歓会も開催します。

 日本CHO協会は当シンポジムを通じて、グローバル人材育成の本質を発信し、日本企業の人事部門の発展に貢献してまいります。

■ 日本CHO協会 新春公開シンポジウム 『2020年からのグローバル人材育成を考える』 概要

 日程:

 2020年1月21日(火)

 シンポジウム 14:00~17:30、賀詞交歓会 17:30~18:30

 場所:

 パソナグループ JOB HUB SQUARE 2階ホール(東京都千代田区大手町2-6-2)

 対象:

 グローバル人材育成に関心のある方

 ※日本CHO協会の会員資格の有無にかかわらず、どなたでも参加可能

 定員:

 100名

 参加費用:

 無料

 内容:

【ご挨拶】

 株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表 南部靖之

【基調講演】

 「M21(21世紀中盤)を視野に入れたグローバル人材の育成ポイント」

 株式会社グローバルインパクト 代表パートナー 舩川淳志氏

【事例紹介】

 1.「GEのグローバル人材育成」

 GEヘルスケア・ジャパン株式会社

 執行役員アジアパシフィック人事本部長 宇佐見英司氏

 2.「グローバルで勝ち続けるための、旧来の日本型人事制度からの脱却」

 カゴメ株式会社 常務執行役員CHO(最高人事責任者) 有沢正人氏

【トークセッション】

 「グローバル化の進展と、これからのグローバル人材育成」

 進行役 舩川淳志氏

 登壇者 宇佐見英司氏・有沢正人氏

【参加者同士のグループ情報交換】

 【全体質疑応答】

 【賀詞交歓会】

 お申込み:

https://bit.ly/2DCBI9C

 株式会社パソナグループ 日本CHO協会 事務局

 Tel 03-6256-0284 E-mai cho@pasonagroup.co.jp

■ 日本CHO協会とは

 2004年5月に設立された日本CHO協会(運営主体:株式会社パソナグループ)では、

 会員企業の人事担当の取締役、執行役員、ならびに人事部内の部長から課長層を対象に、

 人事に関する様々なテーマのフォーラムやセミナー等を毎月開催し、「CHO(チーフ・

 ヒューマン・オフィサー)=最高人事責任者」と「次世代CHO候補者」の育成を目的に

 活動しています。(URL: https://www.j-cho.jp/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ