チーターデジタル、Customer Engagement Suiteを日本市場で提供開始

チーターデジタル株式会社

 ゼロパーティデータを起点とするロイヤルティマーケティングにより顧客ライフサイクルに新たな体験と関係強化を実現させ収益の向上を支援

 現代のマーケティング担当者向けに、次世代の顧客エンゲージメントソリューションを提供するチーターデジタル株式会社(本社:東京都中央区、カントリーマネージャー: 公家尊裕、以下チーターデジタル)は本日、Cheetah Digital Customer Engagement Suite(以下Customer Engagement Suite)を日本市場において販売開始することを発表しました。Cheetah Engagement Data Platformをデータ基盤とする本製品は、マーケティング担当者が必要としているパーソナライズされた顧客体験、クロスチャネルメッセージング、ロイヤルティ戦略の実現を支援します。顧客ライフサイクルの全てにわたり、顧客との永続的な関係構築を実現することで収益を向上し、マーケティング担当者のニーズに応えます。

 米国チーターデジタルのCEOであるサミール・カジ(Sameer Kazi)は、次のように述べています。「マーケティングテクノロジーは進歩を続けていますが、日本の多くのブランドでは未だに顧客データの一元化や顧客の理解、さらには大規模なパーソナライズが実現できていません。顧客に最適な体験を提供するという課題を抱え、マーケティング担当者の生産性を低下させています。このような状況を打破するため、チーターデジタルは二年間にわたる開発から、次世代の顧客エンゲージメントソリューションを誕生させました。このデジタルソリューションを活用し、あらゆる状況に対してマーケティング担当者が、より適切な顧客ニーズをリアルタイムで掴み取ることができ、これまで以上に正確な判断を下すことが可能になり、データに基づく顧客体験を最適化できるようになりました。Customer Engagement Suiteは、顧客獲得からロイヤルティ向上に至るまで、現代のマーケティング担当者に必要不可欠となっている、あらゆるライフサイクル管理のすべてを支援できる市場で唯一のソリューションです」

顧客の獲得からロイヤルティまで、エンドツーエンドのクロスチャネルエンゲージメントを支援

 マーケティング担当者は、顧客データの一元化、意思決定の管理、顧客ライフサイクル全体でのキャンペーンおよび体験を実現させる場合、複数のベンダーからマーケティング製品を調達し、テクノロジーを積み上げるという判断をするか、顧客データを管理し柔軟性が制限されるマーケティング クラウドを導入するかという究極の選択に迫られていました。データの一元化に対応した顧客データプラットフォームも市場に登場していますが、それらのプラットフォームではIT統合が必要になるため、クロスチャネル体験とのシームレスな連携は不可能です。

 企業のマーケティング担当者向けに特化したソリューションであるCustomer Engagement Suiteには、強力で幅広いデータプラットフォーム、クロスチャネルのリアルタイム実行機能に加え、以下の機能が含まれています。

【Cheetah Digital Customer Engagement Suite】

https://www.cheetahdigital.com/jp/solutions

Cheetah Experiences:顧客の満足を導き出すインタラクティブなデジタル顧客獲得体験の提供、ファーストパーティデータおよびゼロパーティデータ(消費者のみが保有する嗜好データ) 、さらにコンプライアンスに準拠した有効なクロスチャネルのマーケティングキャンペーンに必要とされる個人情報取得の許諾を実現

Cheetah Messaging:あらゆるチャネルやタッチポイントにおいて、パーソナライズされた適切なマーケティングキャンペーンの開発および実施を支援

Cheetah Loyalty:ブランドと顧客を感情的に結びつけられる独特なロイヤルティプログラムを開発および実施するためのツールを提供

Cheetah Engagement Data Platform:素早く、大規模に、インテリジェントなインサイトから実践的な課題を導くためのデータを基盤とするパーソナライズエンジン

Cheetah Engagement Data Platform — インサイトから実践的な課題を導く

 Customer Engagement Suiteのデータ基盤として開発されたCheetah Engagement Data Platformは、顧客エンゲージメントの強化を目的としています。リアルタイムのデータ収集、プロファイルの統合、セグメンテーション、機械学習に基づくインサイトの取得が可能になるだけでなく、パーソナライズされたクロスチャネルコミュニケーション、顧客体験、ロイヤルティプログラムのすべてを、共通のプラットフォームで実現させます。Cheetah Engagement Data Platformは、Cheetah Experiences、Cheetah Messaging、Cheetah Loyaltyとシームレスに連携しているため、直観的にパーソナライズされた統括的なブランドコミュニケーションを実現します。

 米国チーターデジタルの最高製品責任者(CPO)であるビル・イングラム(Bill Ingram)は、次のように述べています。「リアルタイム意思決定エンジンを実装するCheetah Engagement Data Platformによりマーケティング担当者は、今までにない方法で、顧客レコード、解析モデルライブラリ、実行手段へのリアルタイムアクセスだけでなく、カスタマージャーニーの自動化により、顧客シグナルに応じて最適な体験の提案を実現できます。サイロ化された各種データソースを単一の顧客ビューに結合する場合、もしくはデータからインサイトや傾向を分析する場合でも、あるいは各種チャネルからトリガーメッセージを配信する場合であっても、Cheetah Engagement Data Platformは、顧客を中心とした魅力ある適切なマーケティングキャンペーンの基盤となり得ます」

 チーターデジタルの CMO, バイスプレジデントの加藤希尊は、次のように述べています。「マーケティング担当者は非常に多くのソリューションを利用しているため、通常ではプラットフォーム全体にデータが点在し、単一の顧客ビューを実現する機会を逃しています。Customer Engagement Suiteの導入により、マーケティング担当者はゼロパーティデータ(パーミッションを得た消費者の嗜好データ)を収集・活用でき、顧客一人ひとりが示してくれるブランドへの親近感や愛着へ適切に応えられるようになります。Customer Engagement Suiteは、顧客ライフサイクル全体における顧客ロイヤルティの向上を通じて、現代のマーケティング担当者を強力にサポートします」

 チーターデジタルは、現代のマーケターに向けて、最新のソリューションを提供します。Customer Engagement Suiteの詳細については、www.cheetahdigital.com/jp をご覧ください。

チーターデジタルについて

 チーターデジタルは現代のマーケティング担当者向けの次世代の顧客エンゲージメントソリューションプロバイダーです。Customer Engagement Suiteにより、マーケティング担当者は、今日の変化する消費者需要に合わせた対応を拡張できるだけでなく、Engagement Data Platformで、顧客一人ひとりに適した体験およびクロスチャネルメッセージング、ロイヤルティ戦略を展開できます。アメリカン・エキスプレス、ヒルトン、ウォルグリーン、ウィリアムズ ソノマを含む世界最高のブランドの多くが、チーターデジタルのソリューションを活用し、収益の促進、永続的な顧客関係の構築、顧客ライフサイクル全体でのユニークな価値交換を実現しています。詳細については、 www.cheetahdigital.com/jp をご覧ください。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ