瀬戸内ミーティングを山口県下関市と徳島県徳島市で開催します

せとうちDMO

 “瀬戸内”の強みを知り、チャンスにつなげる講演とビジネス交流会

 せとうちDMO(※1)は、「瀬戸内ミーティング(ビジネス交流会)」を2020年2月21日(金)に海峡メッセ下関(山口県下関市)、2020年3月9日(月)にあわぎんホール(徳島県徳島市)で開催します。

 「瀬戸内ミーティング(ビジネス交流会)」は、せとうちDMOの会員制度「せとうちDMOメンバーズ」(※2)のサービスの一つであり、年々拡大する訪日観光客を対象に新たなビジネス展開を考えていただくため、瀬戸内域内の皆さまとの交流、機運の醸成やDMOによる情報提供などを目的に、2017年から開催している無料のビジネスセミナーで、毎回好評をいただいています。

 瀬戸内域内の観光を盛り上げていく皆さま、ぜひお越しください。

 今回も、第3部ではせとうちDMOメンバーズ会員の皆さまへ限定数のブース出展をご案内しております。ご興味のある方は是非お申込みください。

 (URL:https://setouchidmo.jp/setouchimtg

< 瀬戸内ミーティング(ビジネス交流会)実施概要 >

【詳細】

・山口開催 基調講演 概要及び講師プロフィール

 ~日本の観光を今一度せんたくいたし申し候!~

 インバウンド事業を成功に導く4つの「M」の活用術とは?

 日本におけるインバウンド事業はまだまだ成長途中であり、これまでの取組みで見えてきた様々な課題について整理すると同時に、今後の日本版DMOに必要なバリュー・イノベーションを成功に導くための4つの「M」について解説を行います。

 講師 佐藤 真一氏

 /株式会社バリュー・クリエーション・サービス代表取締役

 1990年株式会社リクルート入社。在籍時に、住宅・自動車・旅行・結婚分野の企画統括部門にて、マーケティングを活かした戦略策定を数多く経験。また、ゼネラルマネジャーとして目標達成にこだわる組織のマネジメントを実施。

 2006年以降、バリュークリエーターとして、各地でカスタマー視点で地域が潜在的に持つ価値を発見し、メディア視点でプロデュースをしている。

・徳島開催 基調講演 概要及び講師プロフィール

 「欧米富裕層市場の最新トレンドと瀬戸内の可能性」

 日本のインバウンド旅行客、特に欧米富裕層といわれる旅行客についての最新のトレンドをご紹介するとともに、広域観光地域瀬戸内のもつ、インバウンド旅行客に対しての可能性についてお話しします。

 講師 弓削 貴久氏

 /株式会社ダイヤモンド・ビッグ社 地球の歩き方総合研究所 事務局長

 2008年に広告・マーケティング事業本部副本部長に就任、同年、インバウンド事業を立ち上げ、訪日外国人向けメディア「GOOD LUCK TRIP東京版」、「北海道版」を創刊。 2017年4月 地球の歩き方総合研究所を設立。

 2009年から国や地方の訪日外国人向け誘客プロモーション施策の提案や観光パンフレットの制作、海外の旅行会社を活用した地域への旅行商品造成、集客施策,海外イベント、商談会の企画、プロデュースなど各国観光局のプロモーション事例をもとにインバウンドビジネスの領域において強みを持つ。

 ※1 せとうちDMO

 官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。

 ※2 メンバーシップ事業 「せとうちDMOメンバーズ」

 瀬戸内の企業等が、業者や地域の枠を超えて連携する場を設けるとともに、訪日外国人観光客の取り込みを狙い新商品・サービスの開発、販路拡大に意欲的に取り組む企業等に対し、個々では備えが難しい様々な機能を、定額制にて提供し、事業者の支援を行うもの。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ