野村不動産ライフ&スポーツ 「スポーツエールカンパニー」に認定

野村不動産ライフ&スポーツ株式会社

 従業員の健康増進を目指した積極的な取り組みをスポーツ庁が評価

 スポーツクラブ「メガロス」を展開し、今年度30周年企画を実施している野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長:小林 利彦)は、社員の健康増進を目指した日々の取り組みについてスポーツ庁より評価いただき、「スポーツエールカンパニー」に認定されました。

◆「スポーツエールカンパニー」認定とは

 スポーツ庁では、「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、スポーツ庁が、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行っている企業を「スポーツエールカンパニー」(英語名称:Sports Yell Company)として認定しています。

「スポーツエールカンパニー」公式HP

https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm

 当社では、社員の健康増進を目的に掲げ、社員向けコモンスペースを活用するなどして、日頃より定期的にフィットネス体験会を実施するほか、アロマヨガや美脚ストレッチ、マインドフルネス瞑想なども行ってまいりました。また、社外での各種スポーツ活動に取り組む社員に対して、特別奨励金を授与するなどのバックアップ体制も充分に整えております。

 当社は今後とも、社員の健康増進を目指し、運動の機会、そして心置きなく運動に打ち込める環境を、提供し続けてまいります。

◆当社の取り組み例

 ・社員の競技活動におけるバックアップ体制の充実化

 各種スポーツ活動等において優秀な成績を修めたり、国際大会等に出場したりする社員の競技活動におけるバックアップ体制を整えております。2019年CPサッカーW杯スペイン大会の際は、日本代表として出場した浦 辰大と大野 僚久の2名の当社社員に対し、社を挙げてサポートいたしました。

・社員向けの健康増進企画

 当社グループを含めた社員に向けて、定期的にフィットネス体験会を実施しております。

◆野村不動産ライフ&スポーツについて

 「顧客満足を感動と喜びに変える」という企業理念のもと、様々な地域にて直営44施設の運営を行うとともに、健康の新たな価値を提供し続ける企業として、スポーツクラブ事業の枠を超えた生活全般にわたる新たなサービスの提供を行い、日々の生活と人生の充実に寄与する企業となることを目指しております。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ