【サーラ住宅】空気の質にこだわり、アレルギーに配慮する住まい「Beat air ? (べステア・プラス)」を発売

株式会社サーラコーポレーション

 室内空間の環境整備に取り組んだ住環境における総合的なアレルギー対策を実現

 株式会社サーラコーポレーション(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:神野吾郎)の連結子会社であるサーラ住宅株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:山口信仁)が同社創業50周年を記念した戸建住宅の新商品を発売しましたので、お知らせいたします。

 サーラ住宅株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役社長:山口信仁、以下「当社」) は、2020年1月1日より、アレルギーに悩む方やそのご家族をターゲットとしたコンセプト商品「Best air ? べステア・プラス 」を発売しました。

 2019年11月19日に創業50周年を迎えた当社が50周年記念商品と位置づけて開発した「Best air ?」は、最新の科学的知見である『皮膚感作』と『アレルギーマーチ』という2 つのメカニズムに着目し、室内空間の環境整備に取り組んだ住環境における総合的なアレルギー対策を実現した商品です。※1

 当社は「Best air ?」の販売拡大を図るとともに、誰もが安心して暮らせる毎日のために、今後も住みごこちにこだわった家づくりを追求し、提供できるよう商品開発に注力してまいります。

◆商品紹介

□商品特長

 1.アレルゲンの侵入と接触頻度を減らすために科学的知見に基づいた2つのメカニズムに着目した、アレルギーに配慮した住まいのあり方に対する提案

 (1) アレルギーが皮膚から発症する「皮膚感作」への対策

 (2) 成長とともにアレルギー反応が変化する「アレルギーマーチ」への対策

 2.多くの患者さまの声を聞き、 さまざまな機関・団体と情報共有・意見交換通じて得られた知見や要望を商品コンセプトや設計、建材・設備の採用基準に反映

□開発背景

 花粉症や喘息などのアレルギーを発症する人々は近年急速に増加しており、国民の2人に1人が 何らかのアレルギー疾患に罹患しているともいわれています。※2

 いまや社会問題となっている『アレルギー』に対して、多くの時間を過ごす場所である『住まい』のつくり手として果たせる役割はないだろうかと考えました。

 そこで、 アレルギー疾患に悩む 患者さまや さまざまな 機関・団体との意見交換等で得られた 知見や要望と、外断熱工法や全館調湿換気システムをはじめとしたこれまでに培った要素技術を組合せ、当社にできることのすべてをこの「Best air ?」にこめました。

□商品概要

 商品名:「Best air ? べステア・プラス 」

 発売日: 2020 年 1 月 1 日

 販売地域: 愛知県全域、静岡県西部、三重県北部、岐阜県南部

 プラン: 自由設計

 構造:木造軸組工法 外断熱工法、外断熱ハイブリッド構法

□商品サイト URL

https://sala-house.co.jp/chuumon/products/bestair-plus/

◆アレルギー疾患アレルギー疾患とは

 アレルギー疾患対策基本法(2014年)では、「気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、食物アレルギー、その他アレルゲンに起因する免疫反応による人の生体に有害な局所又は全体的反応に係る疾患」をアレルギー疾患と定めています。

 ※1 本商品はアレルギーに配慮した住まいづくりを目指しているものであり、アレルギー疾患が治ることを保証するものではありません

 ※2 出典:厚生労働省2018年4月月3日発刊広報誌「厚生労働」より

 ※3 写真はイメージです

【このプレスリリースに関するお問い合わせ】

 サーラ住宅株式会社 本社営業部 担当:三村、田平

 TEL:0532-32-7272

 Mail:info@sala-house.co.jp

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ