3年連続ミシュランガイドブックにてビブグルマンを獲得した本格派 “博多うどん” 「はし田たい吉」、2号店が1月20日(月)神田にオープン!

はし田たい吉

 ・定番人気メニューに加え、新メニュー&神田店限定メニューを提供。・神田店限定でランチに最適な“テイクアウトうどん”も販売開始。

 3年連続ミシュランガイドブックにてビブグルマンを獲得した、本格派博多うどんが愉しめる知る人ぞ知る和の名店として、惜しまれつつも2018年に閉店した「はし田 本店」のセカンドブランド 「はし田たい吉」の2号店が、2020年1月20日(月)に神田エリアでオープンします。

 「はし田 本店」は、九州のこだわりの小麦で作る本格派博多うどんが人気の高級うどん店として、2012年に六本木ヒルズにオープン、多くの方に愛されてきました。そのセカンドブランドとなる「はし田たい吉」は、令和元年6月17日(月) 新橋・内幸町エリアに1号店をオープンしました。

 新橋のオフィスワーカー向けに、昼も夜も気軽に楽しめるリーズナブルなお店として、男性だけでなく、女性のひとり飯としても愉しみやすいコンパクトながらも居心地のよいカウンターがメインのお店としてご好評をいただきました。

 今回オープンする「はし田たい吉 神田店」は、オフィスワーカーはもちろんのこと、より一層女性のお客様がご利用しやすいように、大きく開けた入口と、明るく開放的な内装となっております。

 定番の人気メニューに加え、大海老の天ぷら2尾を添えた新メニュー「大海老天うどん」や、神田店限定となる創作うどん「豆乳ごま味噌うどん」を追加。更には、以前よりお客様からご要望をいただいておりました、テイクアウトメニューも神田店限定にて提供します。

 「はし田 本店」時代から受け継がれた、貴重な福岡県糸島産の小麦粉を使用した自家製麺と、鹿児島枕崎の上質な鰹節と長崎のあごだしをブレンドした、透き通る黄金色のうどんスープが特徴です。

■「はし田たい吉」について

 2012年に六本木ヒルズにオープン以来、3年連続ミシュランガイドブックにてビブグルマンを獲得するなど、多くの人に愛されながらも、惜しまれつつ閉店した、九州から仕入れたこだわりの小麦で作る本格派博多うどんが人気の高級うどん店「はし田 本店」を受け継いだセカンドブランド。

 名店の味をそのままに、うどん激戦区の新橋に昼も夜も気軽に愉しめるリーズナブルなお店として、帰ってきました。

 店内で作られる本格派博多うどんは、貴重な福岡県糸島産の小麦粉を使用した大地を感じる味わいの自家製麺に、鹿児島枕崎の上質な鰹節や長崎のあごだしとこだわりの出汁を使用した毎日仕込まれる透き通る黄金のスープを使用。

プロデューサー

 橋田義尊 Yoshitaka Hashida

 2013年六本木ヒルズにて「はし田本店」をオープン後、ミシュランガイドブックにて3年連続でビブグルマンを受賞。

 2018年から全国で数々の店舗をプロデュース。

■提供メニュー(一部抜粋)※税込価格

 <新メニュー>

 ・大海老天うどん 1,050円

 大ぶりな生海老は、注文が入ってから揚げるので、外の衣はサクサク、中の大海老はプリプリな状態。 卓上の岩塩でもよし、付け合わせの天つゆでもよし、うどんにダイブさせてもよし!

 <神田店限定メニュー>

 ・豆乳ごま味噌うどん 750円

 栄養価の高い金ゴマと豆乳の旨味! 九州の米味噌をブレンドしまろやかなスープに仕上がりました。 軟骨、レンコン入りの鶏団子と一緒にどうぞ!

 <定番メニュー>

 ・博多ごぼう天うどん 600円

 博多っ子の定番と言ったらこれ!

 <神田店限定メニュー>

 神田店限定 テイクアウトうどん 680円

 A:肉・わかめ・ごぼう天 トッピング

 B:かしわ天・わかめ・とろろ トッピング

 C:明太子・わかめ・とろろ トッピング

 ※トッピングは不定期で変更されます。

■店舗情報

 ・店名:はし田たい吉 神田店

 ・営業時間:11:30~18:00 ※売り切れ次第終了

 ・休業日:土・日・祝日

 ・所在地:東京都千代田区鍛冶町2-8-3

 ・電話番号:03-6206-0218

 ・店内席数:18席

 ・店名:はし田たい吉 新橋店

 ・営業時間:11:30~14:30 ※売り切れ次第ランチ終了

  17:30~20:30 ※売り切れ次第終了

 ・休業日:土・日・祝日

 ・所在地:東京都港区西新橋1丁目15-7

 ・電話番号:03-6257-3009

 ・店内席数:14席

ホームページ:https://hashidataikichi.com/

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ