【オキナワ マリオット リゾート & スパ】開業15周年ロゴマークを発表。15周年を記念してプラン・イベントなど周年フェアを展開

株式会社ホテルマネージメントジャパン

 テーマは「Dooing Good Together(共に目指す持続可能性と社会貢献)」

 グローバルブランドリゾート・オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市喜瀬1490-1 総支配人:荒木昌志 )は、 2020年4月1日(水)に開業15周年を迎えます。これを機に、15周年のテーマとともにロゴマークを発表いたします。ご愛顧いただいた多くの方々へ感謝の気持ちを込めて、今後イベントや特別プランの販売など周年記念フェアを展開いたします。

15周年ロゴ

 オキナワ マリオット リゾート & スパは、皆さまにご愛顧いただき、2020年4月1日(水)に開業15周年を迎えます。これを機に、15周年のテーマとともにロゴマーク(上記画像)を発表いたします。

 ロゴマークは、「Dooing Good Together(共に目指す持続可能性と社会貢献)」をテーマに、ゴールを目指す丸を多様性を意味するカラフル調で描き、沖縄のシンボルでもある海色を文字へ配色し表現しております。

 ご愛顧いただいた多くの方々へ感謝の気持ちを込めて、今後さまざまな周年フェアを展開する予定です。

15周年チャリティーイベント

 2020年3月21日(土)に、今年で6回目となる「15円以上MESHチャリティーカレー」をはじめ、「水難事故防止講習」、「mammy's マーケット」「首里城再建リトルコンサート」を開催し、MESHサポートおよび、首里城再建へのチャリティーを行います。

オキナワ マリオット リゾート & スパ

 2005年開業。客室数361室、料飲施設4店舗、大中小の宴会場、チャペルなどを備える沖縄県名護市(恩納村)にあるグローバルブランドのリゾートホテル。

 県内最大級の広さを誇るプールと、全室オーシャンビューの広い客室で、南国ステイを満喫。

https://www.okinawa-marriott.com/

 オキナワマリオットリゾート&スパは株式会社ホテルマネージメントジャパンのグループホテルです。

株式会社ホテルマネージメントジャパン 会社概要

 株式会社ホテルマネージメントジャパンは、国内20ホテル、5,951室のホテルを運営するホテル経営会社です。全国各地で「オリエンタル」、「ヒルトン」、「マリオット」、「ホリデイ・イン」など、国内外のブランドをはじめ東京ディズニーリゾート(R)・パートナーホテルなど多種多様なホテル経営を行っています。

 ※ グループホテル数:20 / グループホテル総客室数:5,955室 / グループホテル総従業員数:約2,600名

 ※ 国内20 ホテル

 ヒルトン成田(千葉県成田市/ 548室)、インターナショナルガーデンホテル成田(千葉県成田市/ 463室)、オリエンタルホテル 東京ベイ(千葉県浦安市/ 511室)、ヒルトン東京お台場(東京都港区/453室)、ホテル オリエンタルエクスプレス 東京蒲田(東京都大田区/ 158室)、ホテル オリエンタルエクスプレス 東京銀座(東京都中央区/ 103室)、オリエンタルホテル京都 ギャラリー(京都府東山区/ 150室)、オリエンタルホテル京都 六条(京都府下京区/ 166室)、ホテル日航奈良(奈良県奈良市/ 330室)、ホリデイ・イン大阪難波(大阪市中央区/ 314室)、なんばオリエンタルホテル(大阪市中央区/ 258室)、ホテル オリエンタルエクスプレス 大阪心斎橋(大阪市中央区/ 124室)、 オリエンタルスイーツ エアポート 大阪りんくう(大阪府泉佐野市/ 258室)、神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区/ 323室)、シェラトングランドホテル広島(広島市東区/ 238室)、オリエンタルホテル広島(広島市中区/ 227室)、オリエンタルホテル福岡 博多ステーション(福岡市博多区/221室)、沖縄ハーバービューホテル(沖縄県那覇市/ 352室)、ホテル日航アリビラ(沖縄県読谷村/ 397室)、オキナワ マリオット リゾート & スパ(沖縄県名護市/ 361室)

マリオット・インターナショナルについて

 マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、134カ国・地域に30のブランド、 合わせて7,300軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リ ゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。当社は、全世界に1億4100万人の会員を持ち高い評価を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)を提供しています。詳しい情報は、www.marriott.com をご覧ください。また最新の企業ニュースは、www.marriottnewscenter.com をご覧ください。Facebookや@MarriottIntlにてTwitterとInstagramでも情報発信しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ