【業界初!】AIとチームで成長する自動翻訳を搭載した、グローバルプロジェクト管理ツール「Enkin Global Team」が提供開始!

株式会社ENKINLAB

 ラボ型オフショア開発サービスを提供する株式会社エンキンラボ(本社:東京都練馬区 代表取締役社長:菅 正和 以下「当社」)は、「多くのチームがグローバルビジネスを当たり前に行うこと」を目指して、グローバルプロジェクト管理ツール「Enkin Global Team(以下「EnkinGT」」のサービスを2020年2月18日に開始しました。

 EnkinGTは、母国語の異なるメンバーと誰でも働くことができるプロジェクト管理ソフトで、タスクの内容やコメント、添付ファイルを複数言語に自動的に翻訳する機能を持つ新しいタイプのプロジェクト管理ツールです。

[EnkinGTの特徴]

 ・AIとチームで成長する自動翻訳機能を搭載。Officeファイルや登録情報を8言語に翻訳

 ・ユーザ無制限でAgile開発を完全サポート!開発以外の幅広いプロジェクトでも利用可能

 ・Web上でタスクを管理し、優先度を共有することでプロジェクトを効率的に推進

[製品URL]

 サービスサイトURL : https://products.enkinlab.com

[背景]

 これまで英語を母国語としない人々は、グローバルビジネスの拡大において、語学が一つの大きな課題でした。今後も経済のグローバル化はさらに進み、人材不足がさらに深刻になることが予想される中、アジア圏の母国語が異なるメンバーと共に働く機会が増加することが考えられます。EnkinGTは、そのようなグローバルビジネスを支援することを目的として開発されました。

 EnkinGTは、英語力に不安があり海外のリソースの活用が難しかったチームの方でも、プロジェクトのタスクや課題を共有し、優先度や進捗を管理しながら安心してプロジェクトを推進することができます。またExcel、Word、PowerPoint等のドキュメントファイルも形を崩さずに翻訳することができ、グローバルチームで大きな課題であったドキュメントの翻訳コストを大幅に削減することが可能です。対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ヒンディー語等をサポートしており、5月からは東南アジアの各国の言語をサポートする予定です。

[今後の方針]

 本日から2020年4月末まで全て無料でご利用いただき、5月より通常販売を開始します。

 また、今後も継続して機能を強化して参ります。

[製品ラインナップ]

 ・フリー版(10ユーザまで無償利用可能)

 ・スタンダード版

 -スターターエディション(10ユーザ 月額1,000円)

 -ノーマルエディション(ユーザ無制限 月額8,500円)

 -グローバルエディション(ユーザ無制限 月額 15,000円)

 ・プロフェッショナル版 (ユーザ無制限 月額48,000円)

[会社概要]

 会社名 株式会社エンキンラボ(登記名:株式会社ENKINLAB)

 所在地 東京都練馬区中村北2-22-8

 代表者 代表取締役 菅 正和

 設立 2019年9月

 資本金 8,000,000円

 URL   https://www.enkinlab.com

 事業内容 リモートワークを推進するべく2019年9月に設立

 ラボ型オフショアサービス、「EnkinGT」の企画・開発・運営を行う

 本件に関するお問い合わせ

 株式会社エンキンラボ

 E-mail:pr@enkinlab.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ