中途採用支援を展開するアクシスが転職を前提としない、"有料"キャリアサポートサービス「マジキャリ」を開始!

アクシス株式会社

 中途採用支援を展開するアクシス株式会社(以下、アクシス株式会社:当社、代表取締役社長:末永雄大、本社:東京都渋谷区)は、転職を前提とせず専属トレーナーが1対1でキャリアサポートを行う「マジキャリ」の提供を2020年2月18日より開始します。自己分析やキャリア設計を(転職なのか・今の会社に残った方がいいのか等)フラットな目線で転職者に寄り添い、キャリアの課題の解決を目指すサービスです。URL:http://majicari.com/

【「マジキャリ」について】

 ◎提供サービス一覧

「キャリアデザインコース」

 自己分析を通してキャリア設計を行い、"転職すべきか・現職に残るか"の選択をサポートするキャリア塾

「転職支援コース」

 キャリア設計を元にマッチする業界・職種の選定、選考対策のサポート

 ※転職をしない人には、現職で結果を出すサポートを行います

「スポット相談」

 30分単位でキャリアカウンセリングや転職の相談ができる

 ◎価格

 マジキャリ(キャリアデザイン,転職支援コース):¥320,000/60日(税別)

 マジキャリspot(スポット相談):¥2,980/30分(税別)

 ◎対象

 キャリアに悩んでいるビジネスパーソン、転職希望者、転職活動中の方

【「マジキャリ」と今までの転職支援サービスの違い】

【背景】

 転職エージェントは転職者が自社の求人内から転職先が決まると、企業からfeeをもらう構造です。

 当社は"企業ではなく徹底的に個人に向いたキャリアエージェント"をコンセプトにエージェント事業を行っていますが、ビジネスモデル上サポートしきれない転職者がおり、課題感を抱えていました。

 そこで、「求職者課金型」にすることで本当の意味で転職者に向き合い、「マジキャリ」を通じて、"キャリア形成支援"と"個人が掲げるゴールの達成の支援"という価値を提供し、"誰もが自分の軸にまっすぐに生きられる社会"を実現します。

【今後の展望】

 厚生労働省は”キャリア形成支援施策”を進め、それにより近年、リカレント教育の需要は向上しています。リカレント教育を提供する人を育成するための施策の一環として”キャリアコンサルタント登録制度”を設けられました。ただ、以前から行政機関や民間企業、教育機関でもキャリア支援は行われており、資格を取得しても、仕事が少ないことが現状の課題です。その課題を解決するため、キャリアコンサルタントとキャリアに悩む転職者のマッチングプラットフォームを目指します。

 ◎キャリア形成支援施策

 人生100年時代において、従来の「単線型の人生」(高校・大学までの教育を受け、新卒で会社に入り、定年で引退して現役を終え、老後の暮らす人生)を全員が一斉に送ることはなくなるため、一人一人のライフスタイルに応じたキャリアについての教育が必要になります。

 ◎キャリアコンサルタント登録制度

 平成28年4月1日より、キャリアコンサルタントが資格となり、登録者数は41,842人(平成31年3月末時点)で、令和6年に累積養成数を10万人とすることを厚生労働省が目標としています。

 「マジキャリ」は20代~30代をターゲットとし、求職者課金型の転職サポートを行うことで、転職を前提としないキャリアサポートサービスを実現します。

■アクシス株式会社について

 当社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」とミッションを掲げ、転職エージェント事業"すべらないキャリアエージェント"・メディア事業"すべらない転職"・転職者と転職エージェントのマッチング事業"Callingood"を展開しています。

 【実績/特徴】

 ・年間2,000人の転職相談

 ・月間約360,000セッション

 ・全国の転職を考えている20~30代が対象

 URL:https://axxis.co.jp/magazine

https://callingood.com/

■代表:末永雄大について

 青山学院大学法学部卒。

 新卒でリクルートキャリアに入社し、リクルーティングアドバイザーとして多岐にわたる業界・企業の採用支援に携わる。

 東京市場開発部・京都支社にて事業部MVP/西日本エリアマーケットMVP等、6回受賞

 その後、サイバーエージェントにてアカウントプランナーとして、最大手クライアントを担当し、インターネットを活用した集客支援を行う。

 2011年にヘッドハンター・キャリアコンサルタントとして独立。

 2012年アクシス株式会社を設立し代表取締役に就任

 キャリアコンサルタントとして転職支援を行いながら、インターネットビジネスの事業開発や、社外での講演開発にYahoo!ニュース執筆等、多岐にわたり活躍する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ