【福岡県筑前町】筑前町立大刀洗平和記念館 絵画企画展 横山忠正「特攻花」~大空に散った魂が天人菊となってよみがえる~

筑後地区観光協議会

 筑前町

チラシ表

 「平和の情報発信基地」として平和の大切さと戦争の悲惨さを伝える筑前町立大刀洗平和記念館では、期間限定の企画絵画展「特攻花」を開催しています。

 天人菊(テンニンギク)は、第二次世界大戦末期、特攻隊の中継基地だった喜界島で島の女性たちが喜界島から飛び立つ若き特攻隊員に贈ったことから、この花を「特攻花」と呼ぶようになったと言われています。横山忠正(よこやま ただまさ)氏の描く特攻花は、特攻隊員の魂を表現しており、「平和のシンボルとしてこの花が存在することを伝えていきたい」という横山氏の願いが込められています。

 <イベント等の概要>

 【日時】企画展:令和2年2月2日(日)~4月26日(日)

 【会場】筑前町立大刀洗平和記念館

 (朝倉郡筑前町高田2561-1番地) 無料駐車場あり

 【開館時間】9時~17時(入館は16時30分まで)

 【入館料】大人600円/高校生500円/小中学生400円

 (15名以上の団体は100円割引、障がい者割引あり)

 【問い合わせ先】

 筑前町立 大刀洗平和記念館

 TEL:0946-23-1227

 【発信】

 筑後地区観光協議会

 (事務局:久留米市役所観光・国際課内)

 TEL:0942-30-9137、FAX:0942-30-9707

チラシ裏

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ