ジェナが三菱UFJリース株式会社様における、AIチャットボット「hitTO」の活用事例を公開

株式会社ジェナ

 人事部におけるナレッジの体系化と業務効率化をAIチャットボットで実現

 法人向けにMobileやAI・IoTに代表される新しいテクノロジーを活用したサービスを展開する株式会社ジェナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 手塚康夫、以下 「ジェナ」)は、三菱UFJリース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 柳井 隆博、以下「三菱UFJリース」)における、AIチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」の活用事例を発表いたします。

 コア事業であるリース・ファイナンスを通じて「モノ」に関する知見・ノウハウを蓄積し、強みを活かしてさまざまな事業へと取り組みの幅を拡大している三菱UFJリース様では、全社をあげたデジタル化の動きの中、AI技術の活用と働きやすい環境づくりプロジェクトの一環として、社内からの問い合わせ対応の自動化にhitTOを採用いただきました。hitTOを活用することで社内の問い合わせ対応業務の効率化だけでなく、ナレッジの体系化や社員の潜在ニーズの解決など、人事部全体の業務改善を実現いただいています。

 今回の事例では、三菱UFJリース様におけるhitTOの採用理由、人事部や情報システム部での活用方法、導入後の効果などを発表いたします。

 ■三菱UFJリース株式会社様 hitTO活用事例

https://hitto.jp/case/lf_mufg/

 ■三菱UFJリース株式会社様 ウェブサイト

https://www.lf.mufg.jp/

 その他にもAIチャットボットのビジネス活用に関わる内容を中心に、働き方改革や生産性向上の推進に向けて、お役立ちいただける情報を「hitTOブログ」にて発信しております。AIチャットボットをご検討いただいている方から、すでにご利用いただいている方まで、参考になる情報を豊富に取り揃えておりますので、是非ご活用ください。

 ■「hitTOブログ」オススメ記事

 失敗事例に学ぶ AIチャットボット社内利用を検討する際の注意点

 -導入前に知っておきたい失敗パターンと対策 -

https://hitto.jp/blog/727/

 チャットボットの社内利用による働き方改革事例

 -人事・総務が攻めのバックオフィスで推進する生産性向上 -

https://hitto.jp/blog/514/

 hitTO User Conference 開催レポート

 -AIチャットボット「hitTO」ユーザー会 -

https://hitto.jp/blog/653/

 社内問い合わせチャットボットの導入事例と効果

 -AIチャットボットの導入メリットと失敗しないための注意点 -

https://hitto.jp/blog/483/

 チャットボットとは?

 -回答の仕組みや企業が導入するメリットを紹介-

https://hitto.jp/blog/497/

 ■「hitTO(ヒット)」について https://hitto.jp/

 hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービスです。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用を目的として多くの法人様で採用されています。総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、情報システム部が担当するITヘルプデスク対応など、法人における幅広い業務の効率化を実現しています。

 ■管理画面(質問/回答管理)※画面はサンプルです

 ■QA画面(ユーザー側のチャット画面)※画面はサンプルです

 ■株式会社ジェナについて

 設立 :2006年3月

 代表者 :手塚 康夫

 資本金 :1億9,930万円

 事業内容: ・AIチャットボットサービス「hitTO」の開発・提供

  ・Mobile・AI・IoTを活用したアプリケーション開発

  ・アプリケーション開発におけるUI/UXデザイン・コンサルティング

  ・スマートデバイス活用プラットフォーム「seap」の提供

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ