Integral Ad Scienceが11月5日(水)14時~ウェビナー「ブランド価値を高め、パフォーマンスを最適化する~日本マイクロソフトのアドベリフィケーション活用事例」を開催

IAS

 ゲストに日本マイクロソフト小池浩氏をお招きし、参加者限定公開の事例もご紹介します!

 アドベリフィケーションのグローバルマーケットリーダーIntegral Ad Science(インテグラルアドサイエンス、本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、代表:藤中 太郎、以下 IAS )は、デジタル広告でブランディングとパフォーマンスを両立させるためのヒントを学べるウェビナー(オンラインセミナー)「ブランド価値を高め、パフォーマンスを最適化する~日本マイクロソフトのアドベリフィケーション活用事例」を11月5日(木)午後2時からオンラインで開催します。ウェビナーでは、日本マイクロソフト株式会社 グローバルメディアチーム インターナショナルメディアリードジャパンの小池浩氏をゲストにお迎えし、ブランディングとパフォーマンスの両面からデジタルキャンペーンを最適化するアドベリフィケーションの活用方法をご紹介します。

>> ウェビナーお申し込みはこちら:https://integr.al/2FYgPuc

 ウェビナー詳細

 デジタル広告では、ブランディングとパフォーマンスはそれぞれに異なるゴールが設定され、時には担当する部署も違うことがあるため、対立することも珍しくありません。マーケティング担当者は、デジタルキャンペーンのROIを高めるという強いプレッシャーに常にさらされています。効率を上げなければマーケティング予算を失う可能性もあります。短絡的なROIを追求しながら、ブランディングや顧客とのエンゲージメントを達成するためには何が必要なのでしょうか?

 このような疑問に答えるために、日本マイクロソフトの小池氏をお招きし、IAS のアカウント・エグゼクティブ長谷川を進行役に、ブランディングとパフォーマンスを両立させる考え方や、これまでに取り組んできた具体的な施策について、参加者限定公開の事例もまじえながら伺います。ブランディングとパフォーマンスの両立に悩んでいるマーケティング担当者様、アドベリフィケーションの具体的な活用例や導入メリットを知りたい企業様、代理店様は必聴のウェビナーです。

ブランド価値を高め、パフォーマンスを最適化する~日本マイクロソフトのアドベリフィケーション活用事例

 ---------------------------------------------------------

 【IASについて】 www.integralads.com/jp/

 Integral Ad Science (インテグラル アド サイエンス、IAS) は、洗練されたテクノロジーで高品質な広告メディア環境の実現をサポートするアドベリフィケーションのグローバルリーダーです。IASは、広告主とパブリッシャーの皆様の広告予算を広告不正やブランド棄損のリスクから守ると同時に、消費者のアテンションを獲得し、ビジネスのゴールを達成するために必要なインサイトとテクノロジーを提供しています。

 IASは2009年に創業、米国ニューヨークに本社を構え、13か国・18都市で事業を展開しており、世界トップレベルのソフトウェア企業とともにVista Equity Partnersのポートフォリオに名を連ねています。

 Integral Ad Science, Inc.

 代表者  :リサ・アッツシュナイダーCEO

 所在地  :95 Morton Street, 8th floor, New York, NY 10014

 創業  :2009年5月

 事業内容:デジタル広告の検証・不正対策・最適化のためのデータとソリューションの開発と提供

 Integral Ad Science Japan 株式会社

 所在地 :〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12F

 代表 :藤中太郎(マネージングダイレクター)

 開設 :2015年7月

 《本件に関するお問い合わせ》

 担当 :Integral Ad Science Japan(インテグラルアドサイエンスジャパン)広報 吉井

 Email :jppr@integralads.com

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ