ウェブキャスティングに係るレコードの集中管理事業を開始

一般社団法人日本レコード協会

 日本レコード協会は、「ウェブキャスティング(インターネット上で独自コンテンツを一斉同時にストリーム配信するサービス)等」におけるレコードの利用について、11月1日より集中管理事業を開始することとなりました。これは、2018年3月に集中管理事業(著作権等管理事業)の対象とすることを決定し、関係者との協議を行っておりましたところ、この度、集中管理事業開始について協議が調ったことによるものです。

 当協会は、2006年10月より「放送番組のストリーム配信」に係るレコード利用について集中管理事業を開始し、下記の通りその管理範囲を順次拡大してまいりましたが、近年、ウェブキャスティングにおけるレコード利用について集中管理の要望が高まっていることを踏まえ、集中管理対象を初めて放送番組以外のコンテンツに拡大し、レコード及びレコード実演(レコードに録音された実演)の送信可能化を一括で許諾する体制を整備したものです。

 今般開始する集中管理事業は、インターネット上の独自コンテンツの一斉同時配信のほか、スポーツ催事映像については、一斉同時ストリーム配信と最長1年間のオンデマンド型ストリーム配信が管理対象となります。

 今後も利用者の意見等を踏まえて、集中管理事業の対象範囲の拡大等を積極的に検討し、レコード利用の一層の円滑化に努めてまいります。

 <レコード送信可能化権に係る集中管理事業範囲拡大の変遷>

 以上

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ