猪木さん、アリ戦から40年 6月26日、世界格闘技の日

 プロボクシングの世界ヘビー級王者ムハマド・アリとプロレスのアントニオ猪木が、1976年に格闘技世界一決定戦と銘打って闘った試合から40年になる。「燃える闘魂」で知られるアントニオ猪木さん(73)が16日、運営するプロレス団体IGFの事務所で記者会見し「若者に元気がないと言われる昨今、格闘技を通じてエネルギーを送りたい」と訴えた。

 アリ戦の6月26日が、日本記念日協会により「世界格闘技の日」に登録されたのを機に会見。「記念日制定を機に、格闘技界やプロレス界を再度盛り上げ、世界へ元気と平和のメッセージを発信したい」と話した。

 参院議員でもある猪木さんはアリ戦を通じて得た知名度をもって、イラクの人質解放や北朝鮮での平和イベント開催などを実現した自負がある。「力道山が戦後の復興に貢献したように、格闘技には社会の活性化に貢献する力がある」という。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧