沙保里、五輪4連覇ダァ~!超豪華壮行会で猪木氏らから激励 レスリング

 超豪華壮行会に力をもらった! リオデジャネイロ五輪日本選手団主将に決まったレスリング女子53キロ級の吉田沙保里(33)=フリー=が2日、東京都内のホテルで催された有志による壮行会に出席した。吉田を応援するアントニオ猪木氏(73)ら、各界の著名人が集結。多くのレジェンドから激励を受けて、大会4連覇の偉業達成に挑む。

 期待感はこんなにも大きかった。1096人が集まった壮行会。夏季五輪の日本選手団で女子では初めての主将を務める吉田が、とてつもないエネルギーをもらった。

 「覚悟を持って4連覇を絶対に達成する。主将として日本選手団を引っ張って、いい見本になれるように頑張りたい」

 昨年、所属先のALSOKを退社。フリーの立場で吉田が壮行会を計画し、その趣旨に賛同した旧知の仲間が「吉田沙保里壮行会実行委員会」を発足させた。メンバーは計64人にのぼった。

 登場シーンから超豪華だった。1992年バルセロナ五輪柔道男子78キロ級金メダリスト・吉田秀彦と、元プロレスラーでRIZIN統括本部長の高田延彦に肩車されて入場した。ボルテージが最高潮に達したのは、アントニオ猪木氏による乾杯のあいさつ。乾杯=完敗に通じるからと「1、2、3、完勝!」でグラスをかかげた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ