遠藤、始球式で自画自賛“上手投げ”「お相撲さんは本番に強いよ」

 大相撲の西前頭6枚目の遠藤(25)が7日、東京ドームで行われたプロ野球・巨人-阪神で自身初の始球式に臨み、外角高めに直球を投げ込んで大きな拍手を浴びた。「お相撲さんは本番に強いよ」と、右腕からの“上手投げ”に自画自賛だ。

 10日が初日の名古屋場所を目前に「今場所を左右するつもりで自分にプレッシャーをかけて投げた」と興奮冷めやらぬ様子。母校の日大が今季から巨人のオフィシャルスポンサーとなり、「日大デー」だった関係で実現した始球式。日大相撲部の主将として活躍した遠藤は、巨人の選手は誰も着ていないアンダーアーマー製の既製品では最も大きい「5XL」の公式ユニホームに袖を通し、153キロの腹回りはいまにも弾けそうだった。

 日大の先輩、村田修一内野手や長野久義外野手らとも初対面。「気分よく場所を迎えられる」と記念のボールを大切にしまった。 (奥村展也)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ