“大魔神”佐々木主浩氏、古巣マリナーズで始球式「ボールになっちゃった」

 プロ野球元横浜(現DeNA)の佐々木主浩氏(48)が、大リーグ時代の古巣マリナーズの本拠地球場で始球式を行った。力強い球を捕手にダイレクトで投げ込み「届くかどうか心配だった。ボールになってしまったね」と照れた。

 家族旅行で訪れたというシアトルに「やっぱりこの町はいいね」と感慨深げ。日米通算381セーブの元守護神はファンの大声援を受け「僕やイチローが来て、今は岩隈もいる。シアトルは日本人がいやすいチーム」と愛情たっぷりに話した。(共同)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ