台湾で西武・渡辺SDが始球式「肩が痛い」

 台湾プロ野球の「統一セブンイレブンライオンズ」との友好記念試合(台南)で「埼玉西武ライオンズデー」が開催され、渡辺久信シニアディレクター(SD)のトークショーと撮影会、始球式が行った。

 始球式を終えた渡辺SDは「2年ぶりに投げたので肩が痛い」と苦笑い。今春のキャンプで西口文也編成担当が臨時コーチを行っており「球団と球団の交流はできているので、これからは選手の交流ができれば。日本に来てもらって、一緒に練習をしてくれればいい経験になると思います」と、今後さらに交流を深めていく。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ