岡島が現役生活に区切り 思い出の地でボストンで始球式

 米大リーグのレッドソックスやプロ野球巨人などで活躍し、7月に引退の意向を表明していた岡島秀樹投手(40)が11日、ボストンのフェンウェイ・パークで行われたレッドソックス-ヤンキース前に始球式を務め、現役生活に区切りを付けた。

 レッドソックスには2007年から5シーズン所属。1年目に救援で66試合に登板するなどしてワールドシリーズ制覇に貢献した。背番号37のユニホーム姿で思い出のマウンドに立ち「自分がレッドソックスでやってきたことが身になって、ファンが温かく迎えてくれて本当にうれしかった」と感慨深げに語った。(共同)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ