西武・西口氏が車椅子で始球式「パラリンピックで競技になってもらえれば」

 第2回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会が3日、埼玉・大宮第二公園多目的広場で開幕した。

 第1試合開始前の始球式に西武OBで編成部の西口文也氏が登場。車椅子に乗り、ソフトボールを投げ込んだ。

 西口氏は「私自身、車椅子ソフトボールを拝見させていただくことが初めてなので、とても楽しみにしています。埼玉西武ライオンズとしましても、2020年のパラリンピックで競技になってもらえればと思っていますし、それ以降もずっと応援していければと思います。野球以上にしんどいスポーツだと思いますし、とにかく、熱い戦い・熱いスポーツだと感じています」とコメントした。

 大会は4日まで行われる。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ