似てる? アントキの猪木率いるモノマネ集団「偽ジャパン」もメンバー発表

 来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一奪還を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は11月、東京ドームでWBC前の最後の強化試合となるメキシコ代表とオランダ代表との試合に臨む。小久保裕紀監督が、強化試合に出場するメンバー28人を発表した数時間後、都内の日本野球機構(NPB)事務局の同じ会見場に、選出された坂本勇人(巨人)や山田哲人(ヤクルト)、菊池涼介(広島)らが現れた!?

 彼らの正体は、モノマネ芸人集団「偽(いつわり)ジャパン」のメンバー13人。芸人のほか、大学生や上場企業の会社員、電気屋のおじさんなどで構成している。会見では、胸元に「偽」と書かれたユニホームの贈呈式も行われた。

 「偽ジャパン」代表、アントキの猪木氏は「侍ジャパンからは認められもせず、自由気ままに立ち上がった。『偽』(にせ)と書くが、よく見てみると『人の為』と書く。人の為に活動していくのが偽ジャパン。人の迷惑を顧みずという時もあるが(笑)…。侍ジャパンの黙認応援団として勝手に活動していく」と宣言した。

 顔がそっくりなだけあって、野球に対する思いは熱い。期待する選手を聞かれた菊池のそっくりさん、きくっち氏は、当然、菊池を挙げ「ヤクルトの山田選手も出ているので二塁の守備だけではなく、今季は打率も高かったので負けないようにしっかりやっていきたい」と宣言し、完全になりきっていた。また、坂本のそっくりさん、さかとも氏は「坂本選手は今年、四球が三振より多かった。それが首位打者を取れた要因」と分析するなど「坂本愛」が全開だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ