【魅惑アスリート】レアル若きエース ランジェリーモデル サプライズ求婚 

 日本を舞台に12月18日まで開催されたサッカー・クラブ世界一を決めるクラブ・ワールドカップ(W杯)で優勝し、実力、人気ともに世界NO・1を証明したレアル・マドリード(スペイン)。クリスチアーノ・ロナルドという絶対的なエースが存在するが、今季、イタリア1部のユベントスから3季ぶりにRマドリードに復帰した若きエースがいる。アルバロ・モラタ(24)だ。最近、試合以外で欧州メディアを沸騰させていた。

 クラブW杯の来日メンバーだったモラタ。12月10日のリーグ戦では先制点を奪って勝利に貢献。チームの公式戦35試合無敗のクラブ記録を樹立した。クラブW杯ではアメリカ(メキシコ)戦でベンゼマ、鹿島戦ではロナルドと交代して途中出場しており、日本のファンの目に留まっていたはず。

 ユベントスには14年に移籍。その間にモデルでファッションデザイナーでもあるアリーチェ・カンペッロ(21)と知り合った。彼女は母国イタリアの大学を卒業したばかりだが、写真で見ても分かる魅力的な美貌と容姿で、世界的に店舗展開しているイタリアのランジェリー・ブランド「Intimissimi(インティミッシミ)」の“顔”的存在のモデルだという。

 彼女の父はモラタとの交際に反対していたようだが、彼女は「私は自分の独立は守ります。でも、私の人生は彼と一緒です」と断固たる気持ちを語っていた。

 そんな2人が英紙デイリー・メールやザ・サン、仏紙レ・キップ、イタリア紙など欧州メディアを席巻したのが、モラタが12月9日に敢行した彼女へのプロポーズにあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ