「出産後も当たり前の競技環境を」谷真海、トライアスロン転向への思い

 【再び夢舞台へ ママアスリート谷真海の挑戦】

 2020年東京五輪・パラリンピックへ時計の針が進む。1月3日。パラリンピック・トライアスロン女子の谷真海は、東京都港区のトレーニング施設で新たなシーズンへ向けて本格始動した。

 旧姓・佐藤。04年アテネ大会を皮切りに08年北京、12年ロンドンと3大会連続でパラリンピック女子走り幅跳びに出場した。その名が一躍メジャーになったのは、13年9月の20年大会の招致成功だった。

 ブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会に、最終プレゼンターとして登壇し、「スポーツの力」を訴えた。中学と高校で陸上部に所属し、早大では応援部のチアリーダーとして活躍した。大学2年時に右脚に骨肉腫が見つかり、膝下を切断。リハビリ後に知ったパラリンピックの魅力に引き込まれた。

 大学卒業後、サントリーに入社。社会人1年目の04年、初めて夢の舞台に立った。当時はまだ認知度が低く、「もっとパラをメジャーにしたい」と、共感する仲間たちと活動するためのNPO法人の立ち上げにも奔走した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ