日韓対決、消滅の衝撃…豪州撃破も宿敵1次リーグ敗退 イスラエルの情報収集に大わらわ

 因縁のライバルが消えた。侍ジャパンは8日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次リーグB組の豪州戦(東京ドーム)に逆転勝ちし開幕2連勝。9日に豪州が中国に勝ち、日本の2次リーグ進出が決まった。一方、同A組では、2009年の第2回WBCで日本と死闘を繰り広げ準優勝した韓国が1試合を残して敗退決定。2次リーグで日韓対決が実現すれば「視聴率30%確実」とまでいわれたドル箱コンテンツが消えた影響は甚大。さらに韓国の低迷は、メジャーリーグ機構(MLB)幹部が明言したばかりのWBCの存続をも再び脅かしかねない。 (片岡将)

 豪州を破り2連勝を飾った侍ジャパン。1次リーグで残すは10日の中国戦(東京ドーム)のみ。2次リーグ進出を決めた形の小久保裕紀監督(45)は「翔(中田)の勝ち越しホームランも大きかったし、1点を守る中で筒香の2ランでダメを押せた」と舌も滑らかに選手をたたえた。

 だが、この日のA組の試合でオランダが台湾に勝ったことで、オランダとイスラエルの2次リーグ進出が決定。韓国と台湾は敗退が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧