元幕内春日富士の岩永祥紀氏が51歳で死去 日本協会理事も務める

 元日本相撲協会理事で大相撲の元幕内春日富士の岩永祥紀(いわなが・しょうき)氏が亡くなっていたことが11日、協会関係者の話で分かった。51歳。宮城県出身。遺族の意向により、死因や死亡日時などは明らかになっていない。

 岩永氏は1981年春場所で初土俵を踏み、敢闘賞を1回受賞し、96年秋場所で引退した。引退後は年寄「春日山」を襲名して部屋を創設。のちに雷親方となって協会理事も務めたが、2012年9月に一身上の都合により退職した。春日山部屋を譲った元幕内浜錦の高浜竜郎氏と年寄名跡証書引き渡しを巡って訴訟となったが、2月に和解したばかりだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ