【魅惑アスリート】水着?論争になるほど魅惑的! 女子ゴルフ、ミシェル・ウィー27歳

 米女子ゴルフ界で「天才少女」として一世を風靡したミシェル・ウィーも今や27歳。185センチという恵まれた体格を生かした飛距離を生かし、男子ツアーにも挑戦して話題を呼んだ。美貌ぶりに変わりはないが、最近はけがやパッティングの不振などに泣かされて成績が芳しくなかった。だが、今年3月のHSBC女子チャンピオンズでは優勝争いに絡むなど復活を印象づけた。この大会では露出度の高いユニホームでプレーしており、女子選手の衣装のあり方で物議を醸していた。

 4歳でゴルフを始めたウィー。史上最年少の13歳で米国の女子アマ大会を優勝。タイガー・ウッズ以上の才能の持ち主と称賛されたほど。2002年からプロの試合に参戦すると、04年には14歳で女子メジャー大会のクラフト・ナビスコ選手権で4位に入り、ローレウス世界スポーツ賞最優秀新人賞を授賞。05年には推薦や特別招待で出場した全米女子プロを2位、全英女子オープン3位と驚異的な成績を残した。

 男子ツアーにも挑戦し、議論を巻き起こすことに。日本でもプロ転向の1カ月後となる05年、11月開催のカシオ・ワールドに登場。第2日の終盤17、18番で連続ボギーをたたきカットラインに1打足りず予選落ち。日本男子ツアーで史上初の女子プレーヤーによる決勝ラウンド進出という快挙を逃したが、鮮烈な印象を残していった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ